一覧へ戻る

入り口の雰囲気を決める「ディスプレイサイン」とは?種類と特徴を詳しく解説

ウインドウディスプレイや店舗の入り口などは、そのお店の雰囲気を伝える大切な場所です。そのためどんなディスプレイをするかは非常に重要であり、デザイン次第では通行人の印象が大きく異なります。そしてディスプレイをするにあたりポイントとなるのが、「目をひくアイコン」があるかどうか。つまり入り口付近では「ディスプレイサイン」は必要不可欠なのです。そこで本日は「ディスプレイサイン」に着目し、サインの種類や特徴、さらにはデザイン参考例などを紹介いたします。「入り口の雰囲気を変えたい」や「ディスプレイサインに興味がある」という方は必見です。

商品を引き立てるディスプレイサイン!種類と特徴とは?

ネオン OPEN

入り口や商品を際立たせるディスプレイサイン。さまざまな広告方法がある中で、ディスプレイサインは人気が高く、いろいろなお店で取り入れられている看板です。そんなディスプレイサインは、どのような種類があるのか。まずはそれぞれの特徴を抑えて、どのような使い方ができるか把握しましょう。

切り文字サイン

EAST ENDERS COFFEEの路上看板に貼られたカッティングシート

店主のメッセージが伝わる店名がカッティングシートで看板に

切り文字サインは、文字の形に切り取ったサインのことです。ガラス面や壁面に対して貼り付いているような見えがかりになります。切り文字サインは、ステンレスやカッティングシートを使用する場合が多く、ディスプレイサインの中で最も人気の種類です。とくにカッティングシートは、色や質感のバリエーションが豊富で、誰でも簡単に施工可能な点から多くの場所で使われています。

ネオンサイン

ネオンサインは、ネオン管を使って作られた看板のことです。発光看板の中でもハッキリと発色するため、目立ちやすく視認性が高い特徴を持っています。ネオンサインは電源接続が必要なため、設置はサインの専門業者へ依頼した方がよいしょう。サインを店舗のアイコンにしたい場合や、少しポップな印象にしたい場合にオススメの看板です。

スタンドサイン

スタンドサインは自立式の看板のことで、多くの店舗で馴染みのあるタイプです。スタンドサインの特徴は、上記と異なりとにかく設置が簡単なので費用を抑えたい方にオススメできます。スタンドサインの中には発光式のものや、人の目線に入りやすい存在感のあるものなど、さまざまな種類があるので、目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

ディスプレイサインを入手する方法とは?

ネオンサイン看板の画像

さまざまな種類のあるディスプレイサインですが、入手方法は下記の3パターンになります。

  • 自分で制作、自分で設置
  • プロへ制作依頼、自分で設置
  • プロへ制作依頼、プロが設置

とにかく費用を抑えたいと考えている方は、自分で制作し、設置する方法がよいでしょう。ただしサインの中には、ネオンサインやステンレスサインのように、自分で施工することが難しいものもあります。その場合はカッティングシートを使った切り文字もしくは、スタンドサインを選ぶようにしましょう。
またハイクオリティの物を手に入れたい方は、プロへ制作依頼することをオススメします。その中でもできるだけ手間を省きたい方は、設置までプロに依頼するとよいでしょう。またハイクオリティのものを出来るだけ安く手に入れたい方は、制作はプロにお願いして設置は自分で行うと、費用を抑えられるのでオススメです。

ディスプレイサインのオススメデザイン5選!

先ほどご紹介した通り、ディスプレイサインにはさまざまな種類があります。以下では参考となるデザインをお教えいたします!

ゴールドの文字が高級感を与える切り文字サイン

シンプルなのにどこか存在感を感じるカッティングサイン

落ち着いた青色がクールな印象を与えるネオンサイン

置き式看板に可愛くアレンジ!視認性の高いネオンサイン

レトロな雰囲気にポップな印象が合わさったスタンドサイン

https://www.instagram.com/p/CCaAbGBpOcs/

やはり同じディスプレイサインでも素材や見せ方が異なると、雰囲気が大きく違います。まずはどんなデザインにしたいか、アイデアを膨らませてみましょう。

ディスプレイサインを選ぶときの注意点

カッティングシートの評価

ディスプレイのアイデアを想像できたら、実際に気になるディスプレイサインを探してみましょう。しかしその際に、下記2点を注意する必要があります。

  • 設置環境を確認する
  • 設置期間を確認する

まず一つ目は「設置環境の確認」です。ネオンサインや内照式看板の場合、電気を使うため、サイン付近で電源の確保が必要になります。またステンレスの切り文字サインなどは固定のための壁面下地が必要になるため、設置するために状況確認が必要になるでしょう。
サインの雰囲気がある程度決まったら専門業者への相談をオススメします。

そして二つ目が「設置期間の確認」です。長期的な屋外サインであれば水に強く劣化しにくい素材がオススメですが、短期的なものであればそこまで気にしなくてもよいこともあります。素材のレベルは費用に影響してくるので、どのくらい設置するか、おおよその期間を検討してから選びましょう。

手軽にディスプレイサインを手に入れたい・・・そんなときは?

手軽にディスプレイサインを楽しみたい・・・そんな方はクワックワークスにご相談ください。クワックワークスでは、カッティングシートを使った切り文字サインを制作しており、すぐに施工できる状態で納品しております。カッティングシートの切り文字サインは、ステッカーを貼る感覚で誰でも簡単に施工できます。「費用を安く抑えたい」と考えている方にもオススメなので、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。なお弊社の制作実績はこちらよりご覧いただけます。

まとめ

ディスプレイサインは、お店の印象を左右する重要なアイテムです。だからこそ設置環境や設置期間に合わせて、最適なサインを選ぶようにしましょう。数あるサインの中でもカッティングシートを使った切り文字サインは、安価で手軽に楽しめるディスプレイサインです。「手間をかけずにカッティングサインが欲しい」と考えている方は、ぜひクワックワークスにお任せください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ネオン OPEN
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?