一覧へ戻る

広告看板は「目的」に合わせて使おう!選ぶべき種類や特徴を解説!

さまざまな用途がある看板。店舗前に設置して宣伝する場合もあれば、大勢の人が集まる場所に設置して広告として使用する場合もあり、それぞれ形が異なります。店舗看板は看板設置面積で大きさが決まるのに対し、広告目的で使用する場合は、とにかく大きく目立つものが多いでしょう。そこで本日は「広告用の看板」に着目して、看板の種類やメリットなどについて解説いたします。広告看板を検討中の方や、看板の種類に興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

広告看板とは?広告看板の目的と種類を解説

ネオン街

広告看板とは、不特定多数の人に向けて企業が商品やサービスのPRに行うために使用します。そのため、多くの人が集まる場所や目立つ場所に設置されることが多く、店舗付近の通行人に宣伝する店舗看板とは使い方が異なるのです。その広告看板には下記のような種類があります。以下では広告看板の種類について解説します。

屋外看板

屋外看板とは、屋外に立っている看板の総称です。基本的に広告看板は屋外に設置されることが多く、大体の広告看板は屋外看板になります。屋外に設置する際には、素材が丈夫かつ雨対策が施されている形を選ぶようにしましょう。

壁面看板

壁面看板とは、壁面に対し平行に設置された看板のことです。建物の面積を使って大々的に宣伝できるので、人の目をひくインパクトのあるデザインが施されています。近年ではビルの一部を広告用に貸し出している建物も多く、掲示したいエリアが選びやすくなっています。広告の内容と照らし合わせて、最適な場所に設置するようにしましょう。

突き出し看板

突き出し看板とは、壁面に対し垂直に設置された看板のことです。通行人からの視認性も高く、不特定多数の人へ効率よく宣伝できます。そのため突き出し看板の用途は、社名や店舗看板など地場に根付いた広告が多いでしょう。また内照タイプも多いため、夜間でも目に付く種類です。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは、ディスプレイなど電子的機器を使って情報を発信する電子看板のことです。最近では街中でモニターを目にすることが増えており、最も注目されている看板の一つです。サイネージを使うと広告内容の変更が簡単なので、定期的に宣伝内容を変更する場合によく使われています

スタンド看板

スタンド看板とは、上記の看板とは異なり地面に置いて使用する看板です。A看板やポスター看板などさまざまな種類があるので、目的に合わせて形を選択できます。また上記に比べて費用を抑えられるメリットがあるので、予算が限られている場合にはオススメです。

広告看板のメリットとは?

このようにさまざまな形のある広告看板。これらの看板には以下のようなメリットがあります。

  • 視認性が高い広告媒体であること
  • 地域に密着したPR方法であること

まず一つ目は「視認性が高い広告媒体であること」です。広告看板は人の目に止まりやすい場所や高さに設定されているので、不特定多数の通行人に向けて効果的な宣伝方法であるといえます。また宣伝内容や方法を変えると目新しさが得られるため、定期的に内容を変更するとより効果的な広告媒体になります。

そして二つ目は「地域に密着したPR方法であること」です。上記で紹介した広告看板の多くは固定式であり、一度設置したら動かさないでしょう。そのため地域住民にとって馴染みやすく、一種のアイコンのような印象を与えられます。しかし広告看板は、形が広告の趣旨に反していると訴求効果のない広告となってしまいます。デザインを考えるときは、看板の形を検討するようにしましょう。

どんな形がオススメ?広告にあった看板を選ぼう!

広告の内容によって看板の形は異なります。以下ではオススメ看板の形をシーン別に解説していきます。

新商品のPR:壁面看板やサイネージ

自社紹介:突き出し看板

新店のオープン:スタンド看板

広告文字数や広告目的によってオススメの形が異なるので、まずは上記の例を参考にいくつか候補を選んでみましょう。
 

広告看板の費用とは?必要なお金を把握しよう

電卓とペン

広告看板の場合は通常の看板と異なる費用が発生することがあります。下記を参考にどんな費用が発生するかかくにんしましょう。

  • 広告料(掲示費用)
  • 看板制作費
  • 看板施工費
  • メンテナンス費

まず一つ目は「広告料」です。所有していない壁面に看板を設置する場合、広告料が必要になります。看板サイズによって費用が異なるので、貸し出している会社に確認しましょう。

次に二つ目は「看板制作費」です。広告看板はオーダーメイド品なので、業者に依頼する費用を準備しましょう。そして三つ目は「看板施工費」です。多くの広告看板は屋外に設置する看板なので、プロの取り付け業者に依頼をして適切な施工を行ってもらいましょう。もちろん自分で施工する場合は、この項目は発生しません。

そして四つ目は「メンテナンス費」です。長期的に看板を設置する場合は定期メンテナンスの費用を準備しておきましょう。半年〜1年に1回の頻度で点検することをオススメします。
これらの費用は依頼する会社によって異なるので、まずは見積もりの相談をしましょう。

手軽に広告看板を作りたい!そんなときは・・・

クワックワークスでは、広告看板に最適なカッティングステッカーの制作を行っています。
カッティングステッカーは耐候性に優れたカラーシートで、プロの看板屋も多く利用している材料。さらには張り替えが容易なので、内容の入れ替えも手軽に行えます。
広告看板は汚れや雨に強い素材でないと、メンテナンスの頻度が増えてしまい、費用がかかってしまいます。そのため広告看板はカッティングシートのような丈夫な素材がオススメなのです。クワックワークスでは、個性的なカッティングステッカーの実績が数多くございます。詳しくはこちらより参照ください。

https://www.quackworks.jp/tag/651sheet/

まとめ

広告看板にはさまざまな形があるので、どんな目的で使用するかを考えて形を選ぶ必要があります。また通常の看板よりもさまざまな費用が発生するので、見積もりを確認し、予算にあう看板を選ぶようにしましょう。クワックワークスでは、カッティングステッカーの実績を数多く有しているので、不明点や疑問点はお気軽にご相談ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ネオン街
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?