一覧へ戻る

痛車の制作方法とは?価格帯や準備すべき3つのポイントを解説

痛車とは、有名人やアニメキャラクターがデザインされたラッピング車で、奇抜で目を引く車であることから「痛車」と名づけられています。この痛車には手軽にはじめられるデザインから、プロにお任せした方がよいものまで種類はさまざま。そのためご自身が制作したい痛車の特徴を理解して、適切な方法を選ぶ必要があるのです。そこで当記事では「痛車の制作方法」に着目して、痛車制作の手段や費用感、さらにはオススメの会社の特徴などを紹介いたします。痛車の制作を検討されている方は必見です。

痛車の制作にはどんな方法がある?

BMWとカッティングシート

まず、痛車を制作するためには「どんな方法があるか」その制作手段を把握する必要があります。下記では二通りの方法を解説いたします。

  • 専門業者に依頼する
  • 自分で施工する

まず一つ目は「専門業者」に依頼する方法です。痛車に使用されるラッピング素材は通常のシートよりも薄く、取扱いが難しい特徴があります。また車体は曲線が多く、施工難易度が高いので、車体全体をラッピングしたい場合は専門業者に依頼したほうがよいでしょう。シート加工の専門業者の中には、痛車に特化した会社も多数ありますので、ご自身のお住まいに近い会社の選択をオススメします。

しかし専門業者に依頼する場合、施工費や経費などのコストがかかり、予算を超過してしまうこともあるはずです。出来るだけ費用を抑えたいと考えている方は「自分で施工する」方法を選びましょう。車のボディやガラスは平滑な面が多いので、失敗のリスクが少なく初心者でも挑戦できます。しかし自分で施工する場合は、上記のようなフルラッピングより、カッティングステッカーを使ったポイントラッピングの方が手軽でよいでしょう。

プロへ痛車制作を依頼するときに準備すべき3つのポイント

カラーサンプルとカッティングシート

プロへ痛車の制作を依頼する場合は、下記3つのポイントを考えましょう。そうすることで業者との連絡がスムーズになり、時間をかけずに痛車が制作できます。

  • デザインイメージを固める
  • 車種を確認する
  • 希望納期を考える

まず一つ目は「デザインイメージを固める」ことです。ラッピングしたい面積やデザインイメージをまとめましょう。そうすると業者への見積もり依頼が可能になるので、具体的金額を交えながらデザイン決定ができます。ものづくりには予算がつきものだからこそ、金額を知るための準備をしましょう。

次に二つ目は「車種の確認」です。車種によっては施工が難しい形状もあるため、どんな車に施工するかは業者として抑えておきたい情報になります。スポーツカーや自家用車、トラックなど、ラッピングする車種を明確にしましょう。

そして三つ目は「希望納期」です。いつまでに完成させたいという希望納期がある際は早めに伝えましょう。とくに短納期の場合、専門業者によっては割増料金が発生することもあります。ムダな出費を抑えるためにも、事前に伝えることをオススメします。

痛車制作はいくら?参考価格や特徴を解説

痛車制作で不安になるのが「金額」という方も多いでしょう。とくに車の表層をガラッと変えるフルラッピングの場合、そのコストは心配になるはずです。痛車制作の専門業者は、会社規模や地域・技術によって単価が異なりますが、以下では痛車制作の平均価格をお伝えします。制作依頼をする際、参考にしてみてください。

フルラッピング

自家用車をフルラッピングする場合、制作価格の相場は30万円〜60万円ほどといわれています。もちろんデザインや車種によって金額は大きく異なるため、依頼する際には見積もりで確認しましょう。上記でもご説明した通り、フルラッピングの痛車は施工難易度が高いため、業者への依頼が必要になります。全体のデザイン調整や施工費が発生するためある程度の予算が必要になりますが、大々的にラッピングしたい方には最適の方法です。

ポイントラッピング

ロゴステッカーや少ない面積のラッピングの場合、500円〜5000円ほどで制作できます。少し大きいサイズでも、フルラッピングよりも安いので予算を抑えたい方にオススメです。またカッティングステッカーのように耐候性に優れた素材であれば、3年〜5年ほど楽しめるでしょう。手軽に痛車を楽しみたい方にはぴったりの方法なのです。

痛車制作のオススメの会社は?

自動車のドアとカッティングシート

痛車を作るにあたって「制作会社」は重要で、いわばパートナーのような存在といっても過言ではありません。そこで以下では最適の制作会社と出会えるよう、制作会社を選ぶ際に注目すべきポイントをご紹介いたします。

  • 実績の多さ
  • できるだけ自宅(車がある場所)から近い会社

まず一つ目は「実績の多さ」です。痛車の制作会社によってさまざまな特色があり、会社ごとの強みを理解して依頼する必要があります。そのため企業ホームページの実績集やSNSをチェックしながら、ご自身が理想とするデザインが再現できるか判断しましょう。

そして二つ目は「出来るだけ自宅から近い企業」にすることです。フルラッピングの場合、車を作業場に預ける必要があるので、遠方の企業に依頼すると手間がかかってしまいます。ムダなコストを削減したい方は、車のある場所から近い会社を探すようにしましょう。

痛車用ステッカーの制作はクワックワークスにおまかせ!

クワックワークスでは、カッティングシートを使ったステッカーの制作をしております。車用ステッカーの実績も数多く、お客様のお悩みに合わせた材料選定やアドバイスが可能です。カッティングシートを使った痛車ステッカーでは、細部のディティールが重要になります。ポイントラッピングに興味のある方や、カッティングステッカーを制作したい方はぜひお気軽にご相談ください!なお弊社の制作実績はこちらよりご覧いただけます。

制作実績 – “車”の検索結果

まとめ

「どんな痛車にするか」によって、予算や制作方法は大きく異なります。そのためまずはデザインや希望納期などを検討し、理想とするイメージを具体的にしましょう。またクワックワークスでは、手軽に痛車が楽しめる「ポイントステッカー」の制作を行っております。カッティングシートを使ったオリジナルステッカーを制作したい方は、ぜひお問い合わせフォームからご相談くださいませ。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

はじめての方

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

BMWとカッティングシート
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?