貼り方
(ドライ)

カッティングステッカーの貼り方(ドライ)

ドライに適したデザイン
:シートとして残る部分が大きいデザインではない場合。
ドライに適さないデザイン
:サイズがかなり大きく、シートとして残る部分が大きいデザイン。

慎重に作業を進めれば、誰でも簡単に貼ることができます。 納品時には貼付方法の説明書も同封していますので、安心して施工する事ができます。 また困ったときのワンポイントアドバイス貼れる場所・貼れない場所の紹介もしていますので、合わせてご覧ください。

※記載している貼り方は一例であり、デザインやサイズによっては適性でない場合がありますので、デザインの大きさなどに合わせて施工しやすいやり方で作業を進めてください。貼り方はドライとウェット(水貼り)の2種類です。
このページではウェット・水貼りの貼り方を紹介します。
写真はクリックすると拡大してご覧いただくことができます。

  1. 準備

    • スキージー
      スキージー
    • マスキングテープ
      マスキングテープ

    まずカッティングステッカーの構造を理解しましょう。転写シート、カッティングステッカー、剥離紙の構造になっています。

    スキージーとはヘラの様なもので、定規にタオルをあてがったものでも代用でき、発注時に、オーダーフォームからもオプションとして購入いただくことが可能です。
    また施工面の油脂や埃は、事前にきれいに拭き取っておいてください。
    ゴミが残っていると剥がれの原因などに繋がりますのでご注意ください。

  2. 転写シートとカッティングステッカーを圧着します

    まずはカッティングステッカーと転写シートを、しっかりこすって圧着しましょう。しっかり圧着していないと、台紙(剥離紙)側にカッティングステッカーが残りやすくなります。
    角に引っ掛けて転写シートを破らないよう気をつけてください。万が一転写シートが破れてしまったら、マスキングテープで補強してください。

    裏面(剥離紙側)からもしっかりと圧着します。裏面からも圧着することで細かい文字なども、しっかりと転写シートに貼り付きやすくなります。

    圧着し終えたら、端っこを少し剥がしてみてちゃんと転写シートに貼り付いているか確認してください。もしスムーズに転写シートに貼りつかない場合は、『転写シートに貼りつかない場合』の方法を試してください。
    転写シートに貼り付く感覚がわかったら、次へ進みましょう!

  3. 貼る位置を決めて、下辺をテープで仮止めします

    カッティングシートを貼る位置を決定し、下辺をマスキングテープで固定します(点線の部分)。
    壁面などに貼る場合は、下辺だけだと垂れ下がってしまいますので、上辺にも仮止めでテープを貼ってもかまいません。あくまで一例ですので、デザインの大きさや施工面によって、やりやすい方法で固定してください。

  4. 下辺のテープを軸に裏返します

    下辺の固定用テープが剥がれないよう注意しながら、カッティングステッカーを裏返します。剥離紙はまだ剥がさず、ついたままの状態です。上辺にもテープを貼った場合は、この時点で上辺のテープを剥がしてください。

  5. 剥離紙を剥がします

    シートを剥離紙から剥がし転写シートに貼り付けます。勢い良く剥がすと切れたりすることがありますので、焦りは禁物です。必ず、ゆっくりと転写シートに貼りつている事を確認しながら剥がしてください。

  6. スキージを使用して貼り付けます

    シートをピンと張ってヨレないように気をつけながら、スキージーでゆっくり圧着しながら貼ってください。この時点ではしっかり圧着しないで大丈夫ですので、シワにならないようにだけ気をつけてください。力を入れ過ぎると、スキージーが引っかかって、転写シートが破れたりすることがありますので注意してください。

    写真の例では比較的小さなシートでしたので、中央から貼付けましたが、サイズやデザインによって貼りやすい方法は異なります。
    例えば、細長くて大きいデザインの場合は、中央からではなく端から貼っていく方がやりやすいと思います。

  7. 転写シートを剥がす前に圧着します

    施工面とカッティングステッカーの間の空気が、完全に抜けるようにスキージで中央から放射状に圧着してください。
    この時、一気に力を入れて擦るとシワになりやすいので、まず力を抜いて軽く滑らせて全体的にシワ無く圧着できたら、仕上げにもう一度少し力を入れてしっかり圧着するようにしてください。
    特にシートとして残る部分が多いデザインの場合は、空気が入りやすいので、丁寧に行ってください。

  8. 転写シートとマスキングテープをゆっくり剥がします

    しっかりと圧着できたら、転写シートとマスキングテープを剥がします。
    この時も、勢い良く剥がしてしまうと、施工面に上手く貼りついていない部分が切れる恐れがありますで、必ずしっかり貼れているかどうか確認しながらゆっくり剥がしてください。

  9. 完成!

    これで完成です。お疲れ様でした。

    もし空気が入ってしまい、ポコッとした気泡がシート内にできてしまっていても、無理に剥がさないでください。カッティングステッカーはとても薄く素材のため、無理に剥がそうと引っ張ると、すぐに伸びたり切れたりして修正がきかなくなります。『空気が入ってしまった場合』のページに、対処方法を記載しておりますのでご確認ください。

何かお困りでしょうか?

営業日カレンダー

2018 年 12 月

25
26
27
28
29
30
1
2
3 4 5 6 7
8
9
10 11 12 13 14
15
16
17 18 19 20 21
22
23
24
25 26 27 28
29
30
31
1
2
3
4
5

2019 年 1 月

30
31
1
2
3
4
5
6
7 8 9 10 11
12
13
14
15 16 17 18
19
20
21 22 23 24 25
26
27
28 29 30 31
1
2

営業日カレンダーについて

青枠は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。

現在の最短発送日

通常製作プラン:12月17日(月)18時までの注文確定で12月20日~の発送
特急製作プラン:12月17日(月)15時までの注文確定で12月18日~の発送

※注文内容により、上記よりも日数がかかる場合がございます。
※上記は受付業務の混雑状況は加味しておりません。正確な日数はお見積り時に提示致します。

営業日カレンダー

2018 年 12 月

25
26
27
28
29
30
1
2
3 4 5 6 7
8
9
10 11 12 13 14
15
16
17 18 19 20 21
22
23
24
25 26 27 28
29
30
31
1
2
3
4
5

2019 年 1 月

30
31
1
2
3
4
5
6
7 8 9 10 11
12
13
14
15 16 17 18
19
20
21 22 23 24 25
26
27
28 29 30 31
1
2

営業日カレンダーについて

青枠は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。

現在の最短発送日

通常製作プラン:12月17日(月)18時までの注文確定で12月20日~の発送
特急製作プラン:12月17日(月)15時までの注文確定で12月18日~の発送

※注文内容により、上記よりも日数がかかる場合がございます。
※上記は受付業務の混雑状況は加味しておりません。正確な日数はお見積り時に提示致します。