Illustrator CC2015対応

Illustratorでのデザイン方法

入稿可能データ
  • .ai
  • .eps

Illustratorデータでご入稿頂きますと、お客様のイメージ通りに製作することが可能です。
またトレース代やデータ作成費が発生しませんので大変お得です。

デザイン作成時の注意

  1. 1必ず原寸大のベクターデータで作成して下さい

    必ず原寸大のベクターデータで作成して下さい

    データは必ず原寸大(実際の仕上がりサイズ)で作成してください。
    また画像を埋め込んだりせず、ベクターデータで作成してください。

  2. 2シートとして残す部分を[黒色の塗り]でデータ作成してください

    シートとして残す部分を[黒色の塗り]でデータ作成してください

    白色シートで製作を希望の場合も同様に、シートを残す部分を黒色でデータ作成してください。
    2色以上使用する場合は、以下のボタンを押してください。

    1枚のデザインで2色以上使用したい場合

    • 例:黄+青の2色仕様で製作したい場合

      例:黄+青の2色仕様で製作したい場合

      希望色に近い色でデザインしてください。
      基本的に色の判別ができればOKです。

    • 例:黄+白の2色仕様で製作したい場合

      例:黄+白の2色仕様で製作したい場合

      白いシートで残したい部分を、白色でデータ作成してしまうと
      背景と見分けがつかないため、白いシーとで残したい部分は
      グレーなどの視認性の高い色に置き換えて下さい。

    • 例:黄+青+赤の3色仕様で製作したい場合

      例:黄+青+赤の3色仕様で製作したい場合

      希望色に近い色でデザインしてください。
      基本的に色の判別ができればOKです。

  3. 3文字は必ずアウトライン化して下さい

    文字は必ずアウトライン化して下さい

    文字をデザインに含む場合、必ずアウトライン化して下さい。
    弊社が持ち合わせていない書体があるとファイルが正しく開くことができません。

    解決策


    テキストを選択し右クリックの[書体] > [アウトラインを作成]
  4. 4レイヤーのロックはすべて解除して下さい

    レイヤーのロックはすべて解除して下さい

    レイヤーにはロックをかけないで下さい。カットされない原因になります。
    また、不要なレイヤーはすべて削除してください。

    解決策


  5. 5カットするデザインのみ配置してください

    カットするデザインのみ配置してください

    ガイドや使用していないレイヤーは必ず削除し、
    実際にカットするデザインのみ配置してください。
    カットしない、サイズやカラー指定などの表記はすべて削除してください。
    また、デザインはアートボードからはみ出さないでください。

    解決策


    レイヤーがロックされていないこと(※注意4)を確認してから、
    [選択] > [すべてを選択]を実行し、カットするデザイン以外が残っていないか確認してください。
  6. 6クリッピングマスクや効果 パターンスウォッチは使用しないで下さい

    クリッピングマスクや効果 パターンスウォッチは使用しないで下さい

    効果やパターンスウォッチを使用する場合は必ずパス化して下さい。
    効果が適用されていますとカットすることが出来ません。
    またクリッピングマスクはカットミスの大きな原因となりますので、絶対に使用しないでください。

    解決策


    効果を適用したオブジェクトを選択し[オブジェクト] > [アピアランスを分割]を実行
  7. 70.5mm角以下にならないようにしてください

    0.5mm角以下にならないようにしてください

    0.5mm角以下の部分があると細かくなりすぎて製作ができません。
    シートとして残す部分、残さない部分共に0.5mm角以上で作成して頂く必要がございます。

    特に手書き風など、かすれている感じのデザインは細かくなり易いため、
    デザインされる際はご注意ください。
    共通の注意事項製作可能サイズについても合わせてお読みください。

    調べ方


    [楕円形ツール]で直径0.5mmの図形を不透明度50%で作成し、デザインに重ねてみてください。シートとして残る部分も残らない部分も、この円より大きいサイズにしてください。
  8. 8データは[.ai]または[.eps]で保存してください

    データは[.ai]または[.eps]で保存してください

    データは1デザインにつき1データファイルとし、
    [保存]>[オプション]の「PDF互換ファイルを作成」と
    「ICCプロファイルを埋め込む」に入れ、
    [.ai]または[.eps]形式で保存してください。
    また、データの中に画像データを配置する場合は、リンク画像ではなく
    埋め込んだ状態で保存してください。

  9. データが完成したら、オーダーフォームからご注文ください

こんなときは...

  1. 1ガラスの内側から外側に向けて貼りたい場合

    ガラスの内側から外側に向けて貼りたい場合

    当店のカッティング用シートは表面と裏面(粘着面)が同じ色ですので、
    鏡文字(左右反転)にしてお店のガラスの内側から外側へ向けて貼ってもOK。
    その場合は、デザインデータも左右反転した状態で作成してください。

    解決策

    オブジェクトを選択し[オブジェクト] > [変形] > [リフレクト]を実行
  2. 2パスの数が少ないほど美しく仕上がります

    パスの数が少ないほど美しく仕上がります

    カッティングステッカーは、パス上をカットします。
    そのため、なるべくアンカーポイントが少ないパスの方が綺麗な仕上がりになります。

    解決策

    オブジェクトを選択し[オブジェクト] > [パス] > [単純化]を実行
  3. 3画像データを[配置]する場合

    デザインすべてがパスではなく、jpgなどの画像データを配置する場合、
    必ず画像を選択し、[埋め込み]を行ってください。
    また、画像をトレースする必要がありますので、別途トレース代が必要となり、
    納期も1営業日追加されます。

  4. データが完成したら、オーダーフォームからご注文ください

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。