Word、Excel、PowerPointなどOffice系ソフトでのデザイン方法

Word、Excel、PowerPointなど

Office系ソフトでのデザイン方法

デザイン作成時の注意

Office系ソフト(Word、Excel、PowerPoint)でもカッティングシートのデータ作成が可能です。
ただし、各ソフトからPDFデータとして書き出し、このページでJPGデータへ変換する必要がございます。
必ずデザインの基本(共通の注意事項)と合わせて熟読の上、データ作成してください。

  1. 1カットするデザインのみ配置してください

    カットするデザインのみ配置してください

    カッティングシートとして、実際にカットするデザインのみ配置してください。
    カットしない、サイズやカラー指定などの表記はすべて削除してください。

  2. 2シートとして残す部分を黒色でデータ作成してください

    シートとして残す部分を黒色でデータ作成してください

    白色シートで製作を希望の場合も同様に、
    カッティングシートを残す部分を黒色でデータ作成してください。
    2色以上使用するカッティングシートを製作する場合は、類似色でデータ作成してください。

  3. 3PDF形式で書き出してください

    PDF形式で書き出してください。

    デザインデータは必ずPDF形式で書き出してください。

  4. 4PDFデータをJPGに変換します

    以下よりPDFをアップロードし、JPGへ変換してください。
    変換したJPGデータをダウンロードし、オーダーフォームより「画像データでの入稿」としてお進みください。
    変換したJPGデータで入稿の場合、『画像データでの入稿』扱いでの発注となり、
    トレース代が必要となりますのでご了承ください。
    ダウンロードしたデザインデータは、必ず元のものと間違いがないかご確認ください。

    PCから操作して下さい
  5. データが完成したら、オーダーフォームからご注文ください

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。