案内看板にカッティングシートを貼って、会社の存在をアピール

更新日:2021年01月28日
HAZIMEプランニング合同会社様のカッティングシートを作りました

お客様からのメッセージ

うまく貼りました。ありがとうございます

初めて訪れる会社やお店がビルの中にある場合、何階に入っているのかわからないことってありますよね。そんなときに役立つのが、ビルの入り口などに設置されているテナントの案内看板。これを見れば、どの階にお目当てのオフィスやお店などがあるか、一目瞭然です。今回は「HAZIMEプランニング合同会社」というカッティングシートを制作させていただきました。ご依頼主さまも案内看板に貼られたようです。ブラウン調のボードに「ホワイト」のカッティングシートで、とても見やすい色合い。「うまく貼りました!」というコメントも、ありがとうございます。

ご依頼主さまのようにうまく貼るには、慎重に作業をしていただくのが一番! 施工面にカッティングシートをしっかりと圧着し、セットしている転写シートをゆっくり剥がしましょう。もし空気が入ってしまったときには、転写シートを剥がしてから細い針などで刺してみて。穴はほとんど目立たないので、空気が入っても作業は焦らずに。ちなみに、小さい気泡なら時間の経過とともに自然に抜けていきます。

こちらのページでは「貼り方・剥がし方 コツと困ったときの解決法」をご覧いただけます。大きなサイズを貼るときのコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?