カッティングシート・カッティングステッカーの剥がし方

カッティングシート・カッティングステッカーの剥がし方(1)

カッティングシートを剥がすには、地道に手で剥がしていくか、シール剥がしなどのケミカル剤で剥がすかの2つの方法があります。
どちらの方法をとるにしても、かなりしっかり貼り付いていますので、貼り付けた面が破損しないように気をつけてください。

また施工された環境によって、シートの状態に差が生じていることもありますので、シートの状態を見ながら作業を進めてください。
なお621短期用シートの耐候年数以内であれば、シール剥がしを使わなくても、糊残りなく手で軽く剥がせるかと思います。

  1. 1準備

    • ドライヤー
      ドライヤー
    • シール剥がし
      シール剥がし

    ドライヤーは一般的な髪を乾かすもので大丈夫です。
    シール剥がしは、様々な種類がありますので、塩ビ素材と、施工面に合わせたものをお選びください。
    ホームセンターやAmazonなどでも購入が可能です。

  2. 2ドライヤーでカッティングステッカーを温めます

    ドライヤーでカッティングステッカーを温めます

    カッティングシート・カッティングステッカーをドライヤーで、手で触れてギリギリ大丈夫な程度まで温めて、粘着糊を柔らかくします。
    熱に弱いプラスチックなどに貼られている場合は、破損しないよう、必ず施工面の状態も確認しながら行ってください。

  3. 3手で剥がします

    手で剥がします

    温まったら、あとは手で地道に剥がしていきます。
    粘着糊が残った場合は、シール剥がしで取り除いてください。

  4. 完成です!お疲れ様でした!

カッティングシート・カッティングステッカーの剥がし方(2)

ヘラやスクレイパーで剥がす際は、貼付け面が傷つかない様に注意をして作業を行なって下さい。
またシール剥がしには色々な種類がございますので、購入の際は使用出来る素材をしっかりと確認してから購入して下さい。

  1. 1準備

    • シール剥がし
      シール剥がし
    • スクレイパー
      スクレイパー

    今回、シール剥がしは、塩ビフィルム用を謳っている3M フィルムはがしらくらく スプレーを使用しました(上記一番左)。 シール剥がしには色々種類があり、車用などもあります。 ご使用の環境にあったものをお買い求めください。 スクレイパーはカーボン製の物を使用しました(上記一番左)。 プラスチック製から金属製まで様々な種類がありますが、金属製ですと施工面を傷つける可能性が非常にたかいため、カーボンやプラスチック製のものを使用されることをお勧め致します。

  2. 2カッティングステッカーにシール剥がしを吹き付けます

    カッティングステッカーにシール剥がしを吹き付けます

    スプレーに記載の使用方法に従って、シール剥がしを吹き付けます。
    スプレーの液が飛び散るので、周りに気をつけて使用してください。

  3. 3約2分間放置します

    約2分間放置します。

    約2分でカッティングシート・カッティングステッカーがシワシワに浮いた状態になります。
    シワシワにならない場合は5分位放置してください。

  4. 4手またはヘラで削り取って拭き取れば完了です

    手またはヘラで削り取って拭き取れば完了です

    浮き上がってきたカッティングシート・カッティングステッカーは簡単に剥がれますので、手またはヘラで削り取ってください。
    残りカスをすべて拭き取ったら完了です。
    シートの粘着力が完全に無くなった状態で削り取るので、とても簡単に作業ができます。

    剥がし終わって、新しいカッティングシートが必要でしたら是非ご相談ください!
    またお客様からお送りいただきました「実際に貼った写真」も沢山掲載していますので、参考になるのではないかと思います。
    製作実績  お問い合わせ

  5. 完成です!お疲れ様でした!

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。