カッティングステッカーを貼るのはとっても簡単

カッティングステッカーの貼り方(ウェット・水貼り)

慎重に作業を進めれば、誰でも簡単に貼ることが出来ます。
納品時には貼付方法の説明書も同封していますので、安心して施工する事が出来ます。
また困ったときのワンポイントアドバイス貼れる場所・貼れない場所の紹介もしていますので、合わせてご覧ください。

  • ※記載している貼り方は一例であり、デザインやサイズによっては適性でない場合がありますので、
    デザインの大きさなどに合わせて施工しやすいやり方で作業を進めて下さい。

背景を残す場合など、シートとして残る面がかなり多い場合は、水貼りで施工された方が綺麗に仕上がります。

  1. 1貼付道具を揃えます。

    • スキージー
      スキージー
    • マスキングテープ
      マスキングテープ
    • 霧吹き(洗剤水)
      霧吹き(洗剤水)
    • タオル
      タオル

    スキージーとはヘラの様なもので、定規にタオルをあてがったものでも代用できます。
    また施工面の油脂や埃は、事前にきれいに拭き取っておいてください。
    ゴミが残っていると剥がれの原因などに繋がりますのでご注意下さい。

    洗剤水の作り方
    水1Lに対し、中性洗剤を約10滴入れます。

  2. 2転写シートとカッティングステッカーを圧着します

    転写シートとカッティングステッカーを圧着します

    まずはカッティングステッカーと転写シートを、しっかりこすって圧着しましょう。
    剥離紙側(方眼紙状になっている面)からもこすって圧着します。
    しっかり圧着していないと、台紙(剥離紙)側にカッティングステッカーが残ってしまいます。

  3. 3貼る位置を決めて、下辺をテープで仮止めします

    貼る位置を決めて、下辺をテープで仮止めします

    カッティングシートを貼る位置を決定し、下辺をマスキングテープで固定します。
    壁面などに貼る場合、下辺だけだと垂れ下がってしまいますので、上辺にも仮止めでテープを貼ってもかまいません。

  4. 4下辺のテープを軸に裏返します

    下辺のテープを軸に裏返します。

    下辺の固定用テープが剥がれないよう注意しながら、カッティングステッカーを裏返します。
    上辺にもテープを貼った場合は、この時点で上辺のみテープを剥がしてください。

  5. 5シートを裏返して、台紙を剥がします

    シートを裏返して、台紙を剥がします

    シートを台紙から剥がし転写シートに貼り付けます。
    勢い良く剥がすと切れたりすることがありますので、必ずゆっくりと剥がして下さい。

  6. 6洗剤水を霧吹きで吹き掛けます

    洗剤水を霧吹きで吹き掛けます

    粘着面と施工面の両方に洗剤水をたっぷり目に吹き掛けます。
    施工面の範囲より大きめに吹き付けておいてください。

  7. 7スキージーを使用して貼り付けます

    スキージを使用して貼り付けます。

    シートがヨレないように気をつけながら、スキージーでゆっくり圧着しながら貼ってください。
    この時点ではしっかり圧着しないで大丈夫ですので、シワにならないようにだけ気をつけてください。
    力を入れ過ぎると、転写シートが破れたりすることがありますのでご注意ください。

    • ※上記写真の例では比較的小さなシートでしたので、中央から貼付けましたが、
      細長い長い物や大きいデザインの場合は端から徐々に貼るなどしてください。
  8. 8転写シートを剥がす前に圧着します

    転写シートを剥がす前に圧着します

    洗剤水と空気が抜けるようにスキージーで中央から放射状に圧着して下さい。
    この時一気に力を入れて擦るとシワがいったりしますので、力を抜いて軽く滑らせて全体的にシワ無く圧着できたら、
    仕上げにもう一度少し力を入れてしっかり圧着と水抜きを行ってください。


    力を入れてこすると、水がプチュっと出てきます。
    この時にしっかりスキージーで水抜きを行わないと、水がシートとの間に残ったままになり、
    それが原因で表面がブツブツになる恐れがありますので、必ず行ってください。

  9. 9転写シートとマスキングテープをゆっくり剥がします

    転写シートとマスキングテープをゆっくり剥がします

    しっかりと圧着できたら、転写シートとマスキングテープを剥がします。
    勢い良く剥がすと、上手く貼れていない部分が切れたりする恐れがありますで、
    必ずしっかり貼れているかどうか確認しながらゆっくり剥がしてください。

    もし転写シートが剥がしづらい場合や、シートがズレそうな時は水が乾燥するまで待ちます。
    季節にもよりますが、通常30分〜3時間程度、ガラス面の場合は12時間〜48時間が標準的な待ち時間です。
    乾燥するにつれて粘着力が段々元通りに回復します。

  10. 10完成

    完成

    これで完成です。お疲れ様でした。

  11. 完成です!お疲れ様でした!

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。