一覧へ戻る

強力シール剥がし!使いやすくて便利なオススメ5選をご紹介

せっかくシールを剥がしたのにも関わらず、のり跡がこびりついてしまって取れなくなったことはありませんか?シールの粘着力は経年劣化とともに固形化する場合や、シール自体の粘着力が強力すぎて残ってしまう場合がございます。そうなってしまうと自力で剥がすことは難しいため、シール剥がしが必要になるでしょう。
実は、シール剥がしにも剥がし液の強さが様々で、中には頑固なシール跡をきれいにしてくれる強力タイプがあるのです。本日はその、強力なシール剥がしについて、オススメを5つピックアップしてご紹介いたします。他にもシール剥がしに使える身近なアイテムや、シール剥がし不要なオススメシール材料など、様々な情報をお伝えいたします。

シール剥がしには種類がある?シール剥がしの基礎知識

シール剥がし

シール剥がしには大きく分けると2種類のタイプがあります。

  • スプレータイプ
  • 液状タイプ

スプレータイプとは、剥がし液が霧状に噴射するシール剥がしです。少量の剥がし液で広範囲にまんべんなくいきわたるため、使いやすく人気なタイプとなります。一方で液状タイプは刷毛を使用して塗るシール剥がしです。刷毛の大きさを変えることで広範囲から小さな物まで対応可能であるため、利便性に長けております。
どちらのタイプも効力に大きな違いはないため、ご自身の使いやすさや主剤成分を検討して選ぶと良いでしょう。シール剥がしの成分は、有機溶剤系、ベンジン、アルコール系、天然素材系を主剤としているものがあり、シールが貼られている対象物によって使い分ける必要があります。
また、商品の中には剥がすときに便利なミニヘラが付いているものもあるので、そのような商品を選ぶと便利であるためオススメです。

頑固なシールにはスプレータイプ!オススメシール剥がしを紹介

実は使いやすい!オススメ液状のシール剥がし4選をご紹介

強力なシール剥がし5選!

強力なシール剥がしをご紹介いたします。

ロックタイト スプレー液タイプ

created by Rinker
ヘンケルジャパン(Henkel Japan)
¥480 (2020/09/28 12:03:54時点 Amazon調べ-詳細)
こちらの商品は60mlとシール剥がしの中でも小さなサイズとなります。また特大ヘラ付きの商品で作業効率も上がります。万が一の時に備えておきたい場合や、シール剥がしの使用範囲が少ないときにオススメです。

ロックタイト スプレー泡タイプ

created by Rinker
ヘンケルジャパン
¥758 (2020/09/28 12:03:55時点 Amazon調べ-詳細)
こちらの商品は先ほどご紹介した同じメーカーの泡タイプです。液タイプよりも剥がし液が垂れにくく、垂直面などに最適なシール剥がしです。

3M スプレー液タイプ

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥598 (2020/09/27 13:10:53時点 Amazon調べ-詳細)
こちらの商品はカッティングシートなどを取り扱う3M社が販売しているシール剥がしです。天然素材から生まれた強力タイプで臭いなどにも配慮されております。

AZ(エーゼット) 液状ハケ塗りタイプ

こちらの商品は、液状になっておりハケを使ってシールに直接塗るシール剥がしです。スプレータイプでは広範囲に散らばってしまう剥がし液をピンポイントで施工することができるので、材料の減りが少なく材料もちが良い点がオススメです。

ポケット 液状タイプ

created by Rinker
ポケット
¥550 (2020/09/28 12:03:56時点 Amazon調べ-詳細)
こちらの商品は20mlで、上記にご説明した中で一番小さい剥がし液となります。綿棒などを使って塗布し、商品ラベルなどの紙製のシールを剥がすときに最適です。つい残ってしまいがちなシール剥がしでも、このような小さいサイズであれば使い切ることができます。

シール剥がしの使い方をご紹介

スプレー缶・塗料

シール剥がしの使い方は下記の通りです。

  • シールに剥がし液を塗布する
  • 浸透するまで時間を空ける
  • ヘラなどを使って擦り取る
  • きれいな布で剥がし液を拭き取る

メーカーが出している使用方法には、剥がし液の浸透時間やスプレータイプであれば離隔目安の距離などの指示があります。シール剥がしの中には溶剤系の成分を多く含んでいるものもあり、そのような場合は換気しながら行う必要があります。施工注意点はメーカーが提示しているものを確認することをオススメいたします。

シール剥がしに使える身近なアイテムを紹介

身近なアイテム

シール剥がしと聞くと、つい特殊なアイテムのように感じますが、実は身近にある日用品がシール剥がしとして使うことができます。

  • ドライヤー
  • 除光液
  • エタノール

まず、シールなどの粘着剤は温めると剥がれやすくなる性質があるため、ドライヤーで温風を当てることは非常に効果的です。シールが触れられるギリギリの熱さまで温めると、剥がしやすくなります。また除光液やエタノールなどの液体もシール剥がしとして役に立ちます。どちらも直接シールに塗布して、浸透した頃にヘラなどで剥がすと、きれいに剥がすことができます。エタノールは様々な種類がありますが、電化製品の清掃などに使用できる無水エタノールが最も効果的です。

身近なものでシール剥がし!ドライヤーを使った剥がし方をご紹介

シール剥がしの代用品!除光液を使ったシールを剥がす方法をご紹介

アルコールを使ったシール剥がしとは?エタノールの使い方を解説

剥がすときの手間が省ける「再剥離シート」とは?

貼ってしまったシールを剥がすには、上記のような手間をかける必要がありますが、これから貼るシールに関しては、材料次第で剥がす手間を省くことができます。
カッティングシートの場合、通常のシリーズは耐候性を増すために強い粘着力で作られておりますが、中には再剥離が可能な比較的弱い粘着のシートがあるのです。弊社では621短期用シートが再剥離シートにあたり、屋外でも使用できる耐候性を有しながら、剥がしやすい粘着力で作られております。
弊社では、このようなシートをはじめとし、様々な種類のカッティングシートを使用してオリジナルカッティングステッカーを制作しております。
オーダーは1枚から承っており、材料調達やカット加工などを一貫して対応させていただいております。カッティングステッカーの制作がはじめての方は、ぜひ以下のページをご覧ください。

はじめての方
カッティングシート・カッティングステッカーってどんなもの?クワックワークスでは、はじめての方でも簡単に製作することができます。弊社でできること、出来ないことも纏めましたので、はじめてご訪問された方は、...

621短期用シート 価格・色見本

まとめ

シール剥がしには様々なタイプがあり、強力な種類といっても数多くございます。
ご自身が使いやすいと感じるタイプを選んで、使ってみると良いでしょう。また弊社では、剥がしやすい再剥離シートを使って様々なステッカーを作成しております。
ステッカーでお困りの際はお気軽にご相談ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

シール剥がし
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?