加工技術・製品管理

あらゆるデザインを
最高の仕上がりにしたいという想い

様々なメーカーのカッティングマシンを揃えています

カッティングマシンで機械的にカットしても、稀に上手く切れないデザインがあります。考えられるすべての組み合わせで試し、最適なセッティングを見つけましたが、それでも上手くカットできないデザインもあったため、1社のメーカーに拘ることを止め、複数メーカーのカッティングマシンを導入して得意・不得意を補うことにしました。

複数メーカーを採用することで、消耗品やセッティングの見直しなど、コストは倍以上かかってしまいますが、すべてはお客様の大切な商品をできる限り忠実に、そして最高の仕上がりにしたいという想いから、クワックワークスでは各注文ではなく、各デザインごとに最適な構成での製作をお約束します。

加工技術・製品管理

小さなサイズから大きなサイズまで、文字でもイラストでもなんでも作ります。
お客様のクリエイティブな活動を、クワックワークスにサポートさせてください。
調整技術の追求と、徹底したシステム化により品質と価格の両立を実現しました。

カッティングマシンの調整技術

独自調整技術で更にカッティングの精度を向上""

使用するシートのモデル、メーカーなどによっても分厚さや堅さがミクロン単位で違うシートらを最適な状態でカットできるよう、
カッティングマシンをカッティングシートにあったセッティングを行います。
これは素材となるシートごとに合わせた、細やかなチューニングが必要となるということです。
よりスムーズで曲線の美しい美しい曲を描けるよう、従来の調整方法に加え、自社考案の調整方法も採用しています。

機械管理

日々メンテナンスも行っています

上記の調整技術を初めとし、常に精密さが問われるカッティングマシンは、
最大のパフォーマンスを維持できるよう、技術を持ったスタッフが毎日メンテナンスを行っています。
カッティングマシンの刃の交換、ローラー部分のグリスアップなど。
とても小さなことの様に感じますが、 1つ1つのメンテナンスがお客様の商品の仕上がりに大きく関わってくるのです。

シートの保管・管理環境

シートは古くなれば破棄。保管状況の管理は欠かせません。

カッティングシートの品質やカッティングマシンがいくら良くても、埃やゴミで汚れてしまっては元も子もありません。
クワックワークスではカッティングシートの保管・管理や機械の管理環境など隅々に至るまで万全の体制で扱っています。
適正な湿度管理を行い、在庫商品や配送待ち商品の劣化を最小限に抑えます。

加工前のシートはゴミや埃、紫外線などから守るため清潔な暗場で保管しています。
加工後もお客様のお手元に届くまでの間にゴミが混入しない様、徹底した検品作業を行ってから商品を発送しています。

検品作業について

カッティングシートは想像よりも人の手が入る部分が多いので検品は熟練のスタッフが行います

カッティングマシンでシートを裁断後、不要な部分の除去作業や検品作業は全て手作業で行なっています。
カッティングシートの製作は緻密な作業ですが、熟練のスタッフが僅かなミスも見逃しません。

デザインの加工

インパクトのあるステッカーから品のあるカッティングステッカーまで、自由自在な表現ができます。
特にイラストなどを使用しない切り文字だけのデザインは、文字だけを効果的に目立たせることができる方法です。
お店のサインや広告ステッカーなど、さまざまな場面で使用されており、切り文字のデザインは、シンプル故にカット精度によってクオリティが決まります。

切り文字デザインを作成する上で、必要な道具や施工上の注意すべきポイント、役立つ情報を押さえて、カッティングシートを楽しんでください。
シンプルに美しく。そんなデザインをお好みの方には、群を抜いた精度を誇るクワックワークスの切り文字がオススメです。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?