一覧へ戻る

請求書払い初回申請のURLが通らない

請求書払いの初回申請時にURLを入力いただき、それらの情報を元に弊社で審査を行います。その際にURLを入力しているのにエラーになってしまうことがあります。

原因1. URLが間違っている

解決方法1:申請するウェブサイトを開いてURLをコピーし、申請フォームにURLをペーストしてください。
解決方法2:URLは「quackworks.jp」などと省略せず、「https://www.quackworks.jp/」と全て入力してください。

原因2. SSLの中間証明書が取得できていない

SSLの鍵マーク

請求書払い初回申請のURLが通らない場合は以下の手順を踏んでください。

  1. SSLのチェックをする(外部リンク):Qualys SSL Lab
  2. エラー箇所を直す
  3. 請求書払い初回申請をする

解決方法:ブラウザにSSLの鍵マークが付いていても、中間証明書が取得できていない場合があります。その場合はエラーで申請ができないため、サーバ管理者に問題を解決してもらってください。貴社のウェブサイトのセキュリティ的にも問題がある状態といえます。以下のサイトからSSLの詳しい状態が確認できます。

以下は専門的な解説です。

この状態で考えられるのは、問題のURLをブラウザで開くと、SSLの鍵マークは表示されているものの、実は「中間証明書が取得できない」などのSSLエラーが発生していることが考えられます。これらの症状はブラウザでアクセスしただけでは警告が表示されないため、放っておくとセキュリティ的にも厄介です。以下のサイトで診断が可能です。

SSLのチェックができるサイト(外部リンク):Qualys SSL Lab

上記サイトの「Hostname:」の入力フォームにURLを入力し、お客様のURLをチェックしてください。請求書払い初回申請でエラーになってしまったということは恐らくA判定以外になると思います。もしA判定でも請求書払い初回申請時にエラーとなってしまう場合は、詳しい状況をお書き添えの上(できればスクリーンショットもあると問題解決が早まります)、弊社までお問い合わせください。

Qualys

上図はQualys SSL Labで診断の結果、B判定でSSLに問題があると判断された時のスクリーンショットです。この時は「通信手順が古く、既に多くのブラウザで廃止されている手法を用いられている」という状態でした。この場合、弊社からは何もお手伝いができず、お客様が使用しているサーバの通信方法を見直していただくしか解決方法がありません。

参考記事(外部リンク):ついにTLS 1.0/1.1の無効化が決定!影響や確認・対応方法とは?

この情報は役に立ちましたか?

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

SSLの鍵マーク
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?