カッティングステッカーの文字でアーティスティックな演出を

更新日:2018年06月01日

この記事は最終更新日より3年以上経過しているため、内容が古くなっている可能性があります。価格やサービス内容などにつきましては、必ず各詳細ページでご確認ください。

壁に貼ったカッティングステッカー

お客様からのメッセージ

カッティングシート、ありがとうございました
 
先日、カッティングシートを注文した者です。
展覧会のタイトルを壁に貼りました。
 
展覧会は、スープ×俳句という異色の組み合わせです。
カッティングシートで全体が締まりました。
 
写真、お送りしますね。

今回は、こちらの壁に貼られた文字をカッティングステッカーで製作させていただきました。ご注文、誠にありがとうございます。イベント会場のようですが、展示会か何かでしょうか?

いただいたコメントによると、「スープ x 俳句」をテーマにした展覧会だそうです。これは、個性的なテーマですね。スープ、俳句、考えると、どちらも奥深そうです。そして、カッティングステッカーの文字は、この展覧会のタイトルそのものだそうです。タイトルも俳句になっているんですね。優しい明朝体の書体と漆喰風の壁、木の柱と梁がマッチして、なんとも風流な空間になりましたね。

カッティングステッカーは看板などを作るのに使われるのが一般的ですが、展覧会などのイベント用の看板やバナーにもよく使われるようになってきました。使用後ははがすこともできるので、最近は、こうして直接壁などに貼るケースが増えているようです。

コメントにもある通り、壁にこの文字があることで、確かに空間全体が引きしまった感じになっていますね。展示物のジャマにならずに、程よい存在感ですが、この会場に入ると思わず目が引きつけられそう。これなら、来場者にイベントの趣旨がストレートに伝わることでしょう。また、文字そのものも鑑賞の対象として、タイポグラフィックアートに通じるものがありますね。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?