内側からカッティング用シートを貼りたいならデザインを反転で解決!

更新日:2018年01月10日

お客様からのメッセージ

今回の完成写真添付しておきます。
あまりきれいな写真ではありませんが、もし御社ブログで載せていただけそうでしたらよろしくお願いします。
サインが入ると、空間がしまりました。
よろしくお願いします。

皆さんこんにちは。今回はショールームやレンタルキッチンなどを取り扱う会社様から、施工後のお写真を送って頂けました。ご依頼ありがとうございました。

会社の窓ガラスや、展示しているショールームの壁などに貼っていただけたようですね。線の細いデザインでしたので、粘着力が気になるところでしたが、綺麗にしっかりと貼って頂けたようで安心しました。お客様のメールの通り、空間が引き締まって、非常に良い演出をしていると思います。

カッティング用シートを窓ガラスに施工する際、やっぱり道行く人達に見ていただきたいですよね。
そんな時は、デザインデーターを反転してお送りください。そうすれば、粘着面が正面から見た時の状態になり、これを窓ガラスの内側から貼ることで、外側から見た人に分かりやすくカッティング用シートを見ていただくことができます。
勿論、弊社のカッティング用シートは裏表共に同じ色ですので、ご安心ください。

窓ガラスの内側からカッティング用シートを施工したい方は、反転したカッティング用シートを是非ご利用ください。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?