世界の表示もカッティング用シートにお任せください

更新日:2019年03月20日
時計に貼られています。こんな使い方もあるんですね。

お客様からのメッセージ

カッティングシートで地名を印刷し、
時計に貼り付けて時差がすぐにわかるようにしました。
元々書かれていたかのように素敵に仕上がりました。
実際に形になってみると大きさや太さなどが、
イメージより小ぶりで、なかなか難しいなと感じました。
この度はありがとうございました。

また機会があれば利用させていただきます。

今回は時計の文字盤に施工するカッティング用シートを作成させていただきました。
東京とサンマテオ(アメリカ合衆国カリフォルニア州)の時差を表示している時計ですね。

恥ずかしながらサンマテオというと所を知らず、調べました。
サンフランシスコのシリコンバレー北端に位置しているんですね。
シリコンバレーといえばIT企業が沢山あるイメージなのですが、なんとYouTubeもここから生まれたそうです。

私は海外には一度しか行ったことがありません。
唯一行ったことがあるのは韓国で、観光で行きました。
冬に行ったのでとにかく寒かったのと、焼肉がおいしかったのが印象に残っています。
アメリカには一度は行ってみたいですね。すごくベタなんですが、ニューヨークに行って自由の女神を見てみたです。

カッティング用シートのデータは色々な方法でご入稿していただく事できます。
イラストレーターでのご入稿画像データでのご入稿文字入力でのご入稿office系アプリでのご入稿をご用意させていただいています。
どのご入稿方法にもそれぞれの注意事項がありますので、ご確認をしていただいたうえでお客様にとって一番最適なご入稿方法を選んでくださいね。

今回はご利用ありがとうございました。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?