一覧へ戻る

トリミング代とはなんですか?

1枚のシートを機械でカットし(切れ筋が入った状態)、要らない部分を剥がす作業のことを指し、業界用語では「カス取り」といいます。

印刷物とは違い、カッティングステッカーのカス取りは手作業ですので、作業時間はデザインによって大きく異なり、約1~10倍の作業量の差が生まれます。クワックワークスではこの作業賃のことをトリミング代と呼んでいます。

例えばA4サイズに大きく文字を5文字入れるのと、1文字1cm角以下の文章を敷き詰めるのとでは、作業量にかなりの差が生まれるのは想像して頂けるかと思います。そのため作業代として、トリミング代を取り入れています。

シート代以外に別途必要な料金

この情報は役に立ちましたか?

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?