小さくても、カッティングステッカーが“引き締め効果”を発揮します!

更新日:2020年03月25日
ピンクのエレキギターに貼られたカッティングシート

お客様からのメッセージ

10月ごろにステッカーを製作していただいた**と申します。

納品からしばらく経ちましたが無事に貼り付けることができました。
今回ギターをオリジナルカラーに再塗装する上でステッカーは欠かせないポイントだったため完成度が高く嬉しい限りです。
ロゴステッカーがつくことでグッと締まりのあるギターにすることができました。

もし、「さぁ、ここに色を塗ってごらんなさい! 好きな色でいいですよ」と言われたとしたら、皆さんは何色を選びますか。チョイスした色味で、その人の性格……とまではいかなくても、なんとなく「こういう人なのかなぁ」と感じることってありそうですよね。

今回ご依頼主さまは、ギターをオリジナルカラーに塗装されました。ピンクと青というステージでも目立ちそうな色合いです。写真を眺めていると……。あれ、何か親近感が。そう思っていたら、これを書いている私の本日のコーディネートがこの色だったんです! ピンクのトップスに青のスカート。ご依頼主さまと私は、もしや似ている部分があるのかしら、などとひそかに考えてしまいました(笑)。

カッティングステッカーは、ヘッドとボディの右側の計2カ所に貼っていらっしゃいます。よく見ると、それぞれ異なるデザイン。ご依頼主さまのこだわりを感じますね。この「ホワイト」のカッティングステッカーは、再塗装をする上で“欠かせないポイント”だったそう。これが入ることで締まりのあるギターになったと書かれている通り、サイズとしてはそれほど大きくなくても、ぴりっときいたアクセントになっています。私も、今日の服装に白を少し加えてみようかしら!

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?