木目調の背景に清潔感を与える「ホワイト」のカッティングシート

更新日:2020年08月26日
待合室と書かれたカッティングシート

病院に行くとよく耳にする言葉の一つが、「そちらの待合室でお待ちください」。受付を済ませると、だいたいこういったフレーズをスタッフの方がおっしゃいませんか。ですので、待合室=病院というイメージができているのかも。今回のご依頼主様にご注文いただいたカッティングシートは、ずばり「待合室」。病院やクリニックに貼られるのでしょうか。木目調の落ち着いた壁(もしかするとドアかも!)に「ホワイト」のカッティングシートをお使いで、シンプルで清潔感のある仕上がりです。

お選びになったのは「651標準シート」。一般的な国産のカッティング用シートと比較すると少し厚みがあり、しっかりした作りになっていますので、初心者でも取り扱いがしやすいのがポイントです。色について少し説明をしますと、「651標準シート」の「ホワイト」は、実は2種類あるんです。それが、通常(光沢)シートとマット加工シート。今回、使用されているのは光を反射しやすいタイプの通常シート。汚れが落としやすい特徴も備えています。マット加工シートは、通常のシートと比べると落ち着いた印象。物が映り込むことはありません。貼る場所や用途に合わせて、お選びください。同様に「ブラック」も2種類ご用意しています。

651標準シート 価格・色見本

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?