ブランドの個性を活かした店頭づくりは切り文字シールで

更新日:2018年05月23日
ショーウィンドウに貼った切り文字シール

お客様からのメッセージ

お世話になります。
この度はカッティングシート製作ありがとうございました。
新店のガラス看板に使用いたしました。
ドライの方法で貼りましたがなかなか貼るのが難しく
気泡がたくさん入りましたが、しばらくして空気も抜け綺麗になりました。
また何かありましたらお願いしようと思います。
 
この度はありがとうございました。

こんにちは、こちらはセレクトショップさんでしょうか? スタイリッシュで、さわやかなイメージのお店ですね!
今回は、このお店のショーウィンドウに貼られたブランド名などの切り文字シールを製作させていただきました。ご注文、誠にありがとうございます。

この切り文字シールのブルーはブランド(又はお店)のコーポレートカラーなのでしょうね。社名とブランド名の下部分のカドを落とした無地の長方形も含めてのロゴマークだと思うのですが、これは、何かを意味する形では?

そう思ったので、ブランド名で検索させていただいたところ、倉敷帆布のトートバッグのブランド(メーカーさん)でした。ツートンカラーのトートバッグをイメージしたブランドロゴだったんですね。また、このブランド名は雲の上や、雲と天国の間を意味しているそうです。だからでしょうか、空のようにキレイなブルーをコーポレートカラーにされているのでしょうね。

お店の雰囲気も窓から青い空が見えたりして、ブランドイメージを体現されていますね。特に、店舗のショーウィンドウは大切なブランドの「顔」。その顔づくりには、色数も豊富な当社の切り文字シールが最適です。
施工に少しご苦労されたそうですが、キレイに仕上がったようでよかったです。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?