介護施設の看板用にカッティングシートを製作させて頂きました

投稿:2013年05月20日 更新:2021年11月18日
介護施設の看板

イラストレーターでのご入稿でした。 文字だけのデザインですが、「なぎさ」の部分はあまり見ないフォントを使用されておりこだわりを感じますね。
少し話は逸れますが、フォントの印象というのはとても大事だなぁとしみじみ思います。 このデザインのように丸めのフォントを使用すると柔らかい印象を受けますし、ゴシック体のような角ばったフォントだとどっしりしっかりという印象を受けます。更に丸めの文字だけでもまた色々なタイプがありますし、私はデザインする時はフォントはなかなか選べません笑
英字に比べると和字は文字の種類が膨大なのであまりフォントの数はありませんが、言葉の美しさなどはやはり日本人で良かったなと思います。しかし丸かったり、角ばったり、尖っているだけで印象が全然変わるのはやっぱり不思議ですね。
あ、因みにですがクワックワークスの文字入力でご注文頂く際に使用できるフォントは、かなりの数を揃えてますので一度ご覧になって下さい。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?