行きつけの美容室を探すときにもカッティングシートを目印に

更新日:2019年11月14日
IocoDeart hair room様のカッティングシート

お客様からのメッセージ

こんな感じです。

美容室難民という言葉をご存知ですか。ここぞという美容室が見つからず、毎回、違う美容室に行く人のことを言うそうなんですが、私も以前は、あっちに行きこっちに行きと、なかなか行きつけが見つかりませんでした。今は住まいの近くでぴったりくるお店と出あえたので、無事に難民脱出成功!です。

もし大阪近辺で美容室を探しているという方がいれば、ご依頼主様のお店もすてきですよ~。ご注文いただいたカッティングシートの「locoDeart」という名前を頼りに検索をしてみると、見つけたんです。こちらがご依頼主様のお店のホームぺ―ジのようですね。“デザインを科学する”という考えに基づき、オリジナルのヘアデザインにしてくださるそうです。自分に似合う髪形って意外と分からないので、ここでならいろいろ相談できそうですね。

さてカッティングシートですが、今回は大きな窓に店名をお貼りいただきました。色はホワイト。窓にかかっているカーテンの色と合わせられたのでしょうか。ホワイトは、通常(光沢)のシートとマット加工のシートの2種類をご用意しています。マット加工のタイプは、通常のシートに比べると落ち着いた印象に。均等に光るため物が映りこまないという特徴もあるんですよ。ちなみに、通常とマットがあるのは、このホワイトとブラックのみ。皆さんもお好みに合わせてお選びください。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?