2種類のカッティングシートを使い分けて、整体院をしっかりアピール

更新日:2020年07月31日
痛み改善と書かれたカッティングシート
痛み改善と書かれたカッティングシート

お客様からのメッセージ

こんにちは。

シートの送付、ありがとうございます。

さっそく貼ってみました。

体のどこにも痛みがない!問題なし!なんていう方もいらっしゃるかもしれませんが(羨ましい)、たいていの方は「腰が痛むなぁ」「肩こりが……」と、一つや二つ、体の不調を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

2020年4月、大阪・枚方市にオープンされた「あさみ整体院」さまは、そんな痛みの改善を専門とされる整体院です。特別に考えられたストレッチで痛みの改善を目指されるそうで、最近、腰痛の気配を感じる私はホームページを食い入るように見てしまいました。そこで、発見したのが「外観のご紹介」というこちらのページ。今回送ってくださった写真と同じものが掲載されています。通りからもよく見える位置の四角い看板とドアの上にカッティングシートを貼っていらっしゃいます。ホームページを拝見していると、同院のトレーナーさまの「ピンクが大好き」という言葉を見つけたので、好きな色でオーダーしてくださったのかもしれません。

貼る場所に合わせてカッティングシートを使い分けていらっしゃいます。「651標準シート」と「8500電飾用シート」です。看板にお使いになられた「8500電飾用シート」について少し説明させてくださいね。これは光を通しやすいので発色がよく、屋外電飾看板にぴったりなタイプです。看板を点灯したときにとても目立つんですよ。お選びいただいた「ピンク」だけではなく、全色マット仕上げで、光の反射や映り込みも少ないという点でもおすすめです。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?