手描きしたロゴのカッティングシートを貼ってかわいい看板に

更新日:2020年10月26日
黒い看板に貼られたカッティングシート

お客様からのメッセージ

QUACK WORKS 様

この度は、カッティングシートを製作くださいまして
ありがとうございました。

とてもすてきに仕上がりました。

また、機会がございましたら
ぜひ、お願いいたします。

Felice+(フェリーチェプラス )
〒593-8301 大阪府堺市西区上野芝町1丁16−13

草花を組み合わせてデザインされた「F」の文字が、かわいらしさとやさしげな雰囲気をかもし出しています。今回製作をご依頼くださったのは「Felice+(フェリーチェプラス )」さま。大阪・堺市にある、まつげエクステ、まつげパーマのプライベートサロンです。

ホームページには、これまでの施術例がたくさん紹介されています。フェイスブックも見せていただくと、7月24日の記事で、かわいい「F」について書かれていました。それによると、なんと、このロゴは筆ペンで描いたものをデータ化しているのだそう。筆ペンで手描きとは、びっくりです。お仕事柄、細かい作業がお得意なのでしょうね。

せっかくなので、インスタグラムものぞかせていただきました。すると今度はカッティングシートの施工中の投稿を発見。それが、この投稿です。

看板全体に転写シートを貼っている写真と一緒に投稿されていたのは、その転写シートを剥がしている動画。カッティングシートは、転写シートと台紙(剥離紙)に挟んだ形で皆さまのお手元に届くため、転写シートと台紙を剥がす工程が必要となるんです。ご依頼主さまからは、「剥がすのが気持ち良くて楽しみながら制作できました♪」とのコメントが。剥がすときはドキドキしつつ、爽快感も味わえるのも、カッティングシートを貼るときの醍醐味かも。皆さんも、ぜひ施工の過程も楽しんでくださいね。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?