100年以上前の飛行機を再現したモビールとともに、カッティングシートも空中散歩

更新日:2021年01月28日
飛行機模型に貼られたカッティングシート
飛行機模型に貼られたカッティングシート
飛行機模型に貼られたカッティングシート
飛行機模型に貼られたカッティングシート

お客様からのメッセージ

カッティングシートを模型飛行機のデカール『14bis』として採用させていただきました。
ステンシル塗装では出せない繊細なイメージを形にでき大変満足しております。
掲載の際はインスタグラムのリンクも貼っていただければ幸いです。

まずは写真をご覧ください。こまかーい部分まで作りこまれた、美しくて繊細な模型飛行機のモビールです。天井からつるされている姿を眺めていると、本当に空を飛んでいるかのように思えてきます。

インスタグラムも拝見しました。ご依頼主さまは飛行船や飛行機などのモビールをつくる作家さんなんですね。これまでに制作された数多くの作品の写真が投稿されていますが、そのなかに送ってくださった写真も発見。写真に添えられたコメントには「様々な素材を使い、一から設計しました」とあります。「現存する図面からなるべく忠実に・カッコよく再現しました!」とも書かれています。えっ、現存? そうなんです。こちらは「ヨーロッパ史上初めて有人動力飛行を成功させた14bisという飛行機」なんですって。

すてきな作品に夢中になってしまい、今回ご注文いただいたカッティングシートの紹介が遅くなりました! オーダーしていただいたのは、機体に貼られている飛行機の名称「14bis」のカッティングシート。デザインは「14bis」の写真を参考に、当時の比率・寸法の再現にこだわって作ったそう。ちなみに、14bisとは日本語では「14号」という意味。14bisが空を飛んだのは1906年のこと。それから100年以上たち、こうしてまた空中に浮かんでいるなんて、夢とロマンを感じました。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?