「お酒ではなく、コーヒーです」。カッティングシートでしっかり主張!

更新日:2021年01月28日
こぶた珈琲のロゴをカッティングシートで作りました

お客様からのメッセージ

カッティングシートを貼った写真

先日はカッティングシートの発送ありがとうございました。

コーヒーが自然に冷める用に瓶にいれているのですが、見た目が蒸留酒みたいなので言い訳がましく、カッティングシートで珈琲であることを主張してます。

「こぶた珈琲」という名前も、ぶたさんの顔が描かれたポットのイラストもとてもかわいい。ご依頼主さまの「(瓶の)見た目が蒸溜酒みたいなので言い訳がましく」というコメントもなんだかキュートです。確かに何もないと、お酒を入れる瓶のようにも見えますね。

書かれているコメントからすると、ご依頼主さまはコーヒーに関わるお仕事をされているのでしょうか。調べてみると見つけました、こちらのインスタグラム。コーヒー豆の焙煎をされていらっしゃる方のようですね。この投稿には、送ってくださったものと同じ写真も紹介されていましたよ。写真には、ガラスの瓶にコーヒーを注ぐとラム酒のように見えるので、仕事中にお酒を飲んでいると思われるかもという意味のことが添えられています。でも、もう大丈夫。カッティングシートで「これはコーヒーの入れ物です」と、しっかり主張していただけたので誤解されることはありません!

インスタグラムをさらに拝見していくと、「こぶた珈琲」とポットがデザインされたスタンプを2種類作っていらっしゃることもわかりました。そのうちの1種類は、カッティングシートと同じデザイン。もう1種類のほうのカッティングシートをお作りの際は、またぜひご注文ください。お待ちしています。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?