空き家再生の物語に、カッティングシートも加われました!

更新日:2021年01月28日
不動産にカッティングシートで装飾しました
不動産にカッティングシートで装飾しました
不動産にカッティングシートで装飾しました
不動産にカッティングシートで装飾しました
不動産にカッティングシートで装飾しました
不動産にカッティングシートで装飾しました
不動産にカッティングシートで装飾しました

お客様からのメッセージ

カッティングでーす。

こちらは、湘南で不動産コンサルティングをされているサンホームさまが手掛けた個室型の賃貸オフィス。長く住居として使われていた建物を利用し、作られました。空き家再生事業の一環だそう。フェイスブックを拝見すると、オフィスは6部屋あるようですね。各部屋にRoomT、W、Sなど、アルファベットが付けられています。これは6つ並んだポストに貼られたカッティングシートと同じ! マンションやビルでいうところの“何号室”にあたるのでしょう。黒いポストに、控えめに貼られた「ホワイト(マット)」のアルファベットがおしゃれです。

フェイスブックをさらに見ていると、「逗子の箱」が作られた背景も紹介されていました。「逗子の箱」は、物件の買い取り・再生を行うサンホームさまが立ち上げた「HOUSE the STORY」というシリーズの第一弾。年月を経た物件にも新たなページを加えていきたいという思いがあるそう。スクラップ&ビルドではなく、再生することで建物の物語が続いていくってすてきですね。弊社のカッティングシートも、その物語の一部になれたようでうれしいです。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?