ステージでキラキラ! カッティングステッカーで目立てます

更新日:2019年09月16日

お客様からのメッセージ

写真

学生時代、ブラスバンド部に所属していました。クラブの仲間たちは私物の楽器を入れるケースにシールを貼ったり、かわいく名前を書いたりと、それぞれに楽しんでいましたが、私はそれができなかったんです……。なぜなら、私が担当していた楽器はクラブの持ち物だったから。自分のものではないので好きにデコレーションが出来ず、なんだかみんなが羨ましかった思い出があります。

ですので、今回のご依頼主様のように、(ケースどころではなく!)楽器そのものを好み通りにアレンジするなんて夢のようなんです。ご自身の愛用のドラムなのでしょうか。「RHAPSODY」というカッティングステッカーをドーンと大きく貼られています。色は、ギラギラとした金属質な光り方をする「CS200Meメタリックシート」のシルバーをチョイスされました。ライブのときなどに照明に当たってきらめくことを想定されたのかもしれませんね。想像しただけで、カッコイイです!

そして、よく見るとデザインにも一工夫。“RHAP”の4文字は下の部分がつながっています。オリジナルのデザインで仕上げることが可能な弊社のカッティングステッカーなら、こんなこだわりも思いのまま。皆さんも、ぜひご自身のアイデアを形にしてくださいね。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?