カッティングシートで、ドライブの楽しさが倍増しそう!

更新日:2019年10月02日
顔のイラストのカッティングシート

お客様からのメッセージ

貼り方に書いてあった道具を何1つ使わずやったので
たくさん空気が入りました
車の後ろに貼りました
とても気に入ったので
ありがとうございました
道具は使った方がいいですよ笑

「貼り方に書いてあった道具を何1つ使わずにやったのでたくさん空気が入りました」というご依頼主様。なかなか大胆な方とお見受けしました! とてもお上手に貼られたと思いますが、せっかくご注文をいただいた品なので、皆様はご依頼主様がおっしゃるようにぜひ道具をご使用いただければと思います(笑)。

カッティングシートの貼り方や必要な道具は、ドライの場合はこちらのページに、またウェットの場合はこちらのページに記載していますので、貼る前にご覧ください。

そして、ご依頼主様のケースのように比較的大きめのカッティングシートの場合は、複数人で作業をするのがおすすめです。サイズが大きいとヨレやすくなりますので、余白部分に長めの定規を貼り付けて引っ張ると効果的ですよ。もし空気が入ってしまっても、小さい気泡なら自然に抜けていきます。どうしても抜けない場合は転写シートを剥がしてから、空気の入った部分を細い針などで突いて空気を抜きましょう。穴はあまり目立たないので、空気が入っても焦らず作業を進めてくださいね。このような注意事項については、
「貼り方・剥がし方 コツと困った時の解決方法」でご確認いただけます。

とはいえ、ご依頼主様はとても気に入ってくださったとのことで、良かったです! 車に乗るのがますます楽しくなりそうですね。

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?