パズルのピースが埋まるように! お店のメッセージをカッティングシートで表現

更新日:2021年02月25日
店舗のガラスに貼られたカッティングシート
店舗のガラスに貼られたカッティングシート

お店のドアを、店外と店内の両側から撮影して送ってくださいました。そこに貼られているのは、「PIECES hair studio」という文字と、パズルのピースのようなデザインのカッティングシートです。「ブラック」の色合いの中で印象的なのが、三つあるピースの一つにだけ「ライトグリーン」が使われていること。パッと目を引きますね。

こちらは、栃木県宇都宮市にある美容室。ホームページにも、店のドアに貼られたものと同じピースが使用されていましたよ。そして、このピースに込められた思いが書かれたページも見つけました。「心ある接客(おもてなし)で日頃より疲れたココロの隙間をピタリと埋めたい!!」「確かな技術でお客様の望むスタイルをピタリと叶えてあげたい!!」「……パズルのPieceのように!!」という願いがあるそう。お店からの大切なメッセージをカッティングシートで表現していただいたんですね。ありがとうございます!

今回のご依頼主さまのようにガラスに施工する場合、外側から貼ろうか、内側からにしようかと迷われる方もいらっしゃるかもしれませんね。どちらにもメリットがありますが、内側からだとガラスと一体化して、仕上がりが上品に。汚れがつきにくい利点もあります。外側からの場合はカッティングシートがより目立ち、存在感が生まれます。ただ、汚れがつきやすいという注意点があるので、どちらから貼ろうか決める際の参考にしてください。詳しくは、下記ページでもご紹介しています。

ガラスの外側から貼るのか、内側から貼るのかどちらが良いでしょうか?

カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?