一覧へ戻る

マスキングシールが作れる再剥離シート!

マスキングとは本来塗装をする際に色が被らないように保護する事を指し、その時に使用される材料をマスキング材と言います。塗装現場ではテープ状になっているマスキングテープをよく使用しますが、マスキング材が再剥離性を持った素材であるため、最近ではデザイン化されて身近に使用できる素材として認知度を上げてきています。その中でもシール状に加工された「マスキングシール」がある事をご存知でしょうか。手紙にする封の代わりや日常生活の様々なシーンで活躍する再剥離シールです。
当サイトでは、マスキングシールの基礎知識をはじめとし、使い方の参考例や自作方法など様々な情報をお届けいたします。

マスキングシールとは?

ステッカー
マスキングシールとは、簡単に貼ったり剥がせたりできる弱粘着のシールのことです。よくホームセンターや文房具コーナーに「マスキングテープ」というロール状のテープが販売されていると思いますが、そのマスキングテープのシール版という位置付けとなります。マスキングテープ同様、再剥離が可能でありその手軽さから様々なシーンで活用ができる素材なのです。値段も手頃で200円から500円程度で購入できますし、最近では100円ショップなどでも取り扱いがあるため、値段もデザインの種類も豊富と言えます。

マスキングシールの参考例

マスキングシール

View this post on Instagram

🎀  12月になったので クリスマスシール解禁 *̣̩⋆̩❅.゚ ハロウィンのものはスルーしがちだけど クリスマス関連の商品は どうしても手に取っちゃう www  箔押し ホログラムが きらきら かわいい〜 (´,,•ω•,,)♡  。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。 . ¨̮ い い ね & コ メ ン ト ¨̮ 感 謝 で す ꒰⌯͒•ɷ•⌯͒꒱ฅ  。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。  #100均 #100円ショップ #フレークシール #flakesticker #シール #sticker #シール沼 #箔押し #ホログラム #ホログラムステッカー #クリスマス #Xmas #christmas #🎅🏻 #🎄 #stickseal #maskingstickseal #マスキングスティックシール #マスキング素材 #マスキングシール #フレークシール #stickerflakes #かわいいものが好き #文房具 #文房具が好き

A post shared by R i r *⑅❤︎·̩͙ (@ri.rir.bon2) on


マスキングシールは様々なデザインがあります。

View this post on Instagram

ban.do手帳📒 ミントカラーで🍀✨

A post shared by yuki* (@spica419) on


スケジュール帳に使うと、より華やかな見た目に変身できます。


日記やお手紙に使うことで、個性的な印象を与えられます。

マスキングシールは接着面が平滑であれば基本的に貼れます。
貼り方は簡単で、通常のシールのように剥離紙からシールを剥がして、好きな場所に貼るだけです。大判のマスキングシールを貼る場合は、通常のシールやステッカーより素材の薄いものが多いため、少し注意が必要です。シール自体にコシが無く、剥離紙からシールを剥がした時にシール同士がくっつき易いため、その点を意識しながら慎重に剥がすようにしましょう。

マスキングシールの最大の良いところ

マスキングテープとブラシ
マスキングシールの最大の良いところは、剥がすことが容易にできて、糊跡が残らないという点です。通常のシールの場合、上記の例のように紙にシールを貼ってしまうと剥がす時にシールの粘着が紙についてしまうか、シールと一緒に紙が破けてしまいます。

しかしマスキングシールの場合、紙に貼っても簡単に剥がして貼り直せるため、位置を悩みながら貼っても問題ありません。この使い勝手から付箋や手帳のスケジュールメモなどに使用でき、非常に人気を集めています。
また、プレゼントのラッピングや友達へのお手紙の封など、剥がすことが決まっているものに使用すると、もらった相手側も簡単に剥がすことができるため、デコレーションと機能面や両側面から見てもオススメです。様々なシチュエーションにも使用できるこの手軽さこそ、マスキングシートの最大の長所と言えるでしょう。

マスキングシールを自作するにはどうしたら良い?

マスキングシート
マスキングシールを自作したい!と考える方に向けて再剥離のカッティングシートを使用したマスキングシールの作り方をご紹介します。
自作の方法は大きく分けて2種類あります。

  • 自分でデザインをカットする
  • プロにカットをお任せする

再剥離のカッティングシートやカッター・副資材があれば自作のステッカーは製作可能であり、少ない道具で作れるため初心者の方でも手軽に始めことができます。しかし、カッティングステッカーはカットの精度によってクオリティに大きく影響を及ぼしてしまい、カッター操作に慣れていない方には少し難しく感じるかもしれません。その様な方にオススメなのは、カットをプロにお任せするという方法です。

弊社クワックワークスでは、シート準備からステッカーの作成まで一貫して行なっている会社でステッカー1枚から製作を承っております。デザインデータの調整が発生しなければ、基本的に価格表に載っているシートの金額で製作をさせていただいております。カッティングシートのカットは慣れていないと、つい時間が掛かってしまうもの。手間と時間をかけずにオリジナルステッカーを作成したい方には非常にオススメです。
また弊社にて取り扱いのある短期用カッティングシートは全20色あり、全体イメージに合わせて色を選ぶ事ができます。短期カッティングシートのカラーバリエーション・価格は、以下の651標準シート 価格・色見本のページより確認くださいませ。

651標準シート 価格・色見本

自作してみたいという方は以下の記事が参考になると思います。

カッティングシートを自作してみよう!

QUACK WORKSの621短期用シート

クワックワークスのロゴ
弊社で取り扱っている再剥離シートをご紹介いたします。

  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

マスキングシールは簡単に貼って剥がせることから、様々な使い方ができる素材です。
また短期用のカッティングシートを使うことでオリジナルのマスキングシールを作れます。単独で使用するのも勿論素敵ですが、市販のものと組み合わせて使用することで、表現の幅がより広がることでしょう。マスキングシールを手に入れて、是非色々な種類を楽しんでみてください。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ステッカー
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?