一覧へ戻る

テンタック!荒い面にも施工可能なシートを紹介

ステッカーの材料として使用されることが多いカッティングシートですが、実は内装材としての使用されることも多く、様々なシュチュエーションで利用されています。
しかしカッティングシートは非常に薄く、平滑面にのみ施工可能な素材であるため、内装材で使用するとなると、塗装面やガラス面など施工できる場所が限られておりました。
「凹凸面にもカッティングステッカーを貼りたい・・」「多少荒い面にも施工したい・・・」というお悩みを持った方に向けて、中川ケミカル社の「テンタック」というカッティングシートをご紹介いたします。

こちらのシートは、粗面の下地に対しても施工可能なシートで、このシートを使用することで今まで貼ることができなかったような場所にも貼ることができるようになったのです。このページではテンタックの商品概要と参考例、そしてオリジナルステッカー作りの方法などを幅広い情報をお教えいたします。最後までお読みいただくことで、テンタックに関する知識だけでなく、カッティングシート全体に使える情報を手に入れることができるでしょう。

TENTAC(テンタック)とは?

テンタック

created by Rinker
テンタック
¥22,770 (2020/09/30 16:09:23時点 Amazon調べ-詳細)

テンタックとは業界大手のシートメーカーである、中川ケミカル社が取り扱う商品の一つです。このシートの特徴は表面の荒い素材に対して施工可能であるという点です。厚さ0.14mmというカッティングシートとほぼ同等の薄さを保ちながら、テント生地やベニヤ、壁紙の上から施工が可能なカッティングシートなのです。他のシリーズでは貼れないような素材の上からカッティングシートを貼ることができ、且つペイントよりも綺麗に素早く完成させることができるためプロの内装屋さんなども愛用している商品です。
カラーバリエーションは2019年12月時点で28色もあり、微妙な色の違いから好みのシートを選ぶことができます。

TENTAC(テンタック)参考例を紹介

中川ケミカル社のテンタックの参考例をご紹介いたします。

赤いロゴ×テンタック

YouTube再生マーク×テンタック

テント×テンタック

凹凸面を気にせず施工できることから、様々な使い道があるシートと言えるでしょう。
通常のカッティングシートでは施工が難しい時に使い分けることをオススメいたします。

テンタック以外のカッティングシートとは?

カッティングシートの種類について
中川ケミカル社では、テンタック以外にも様々なシートを取り扱っています。
弊社ではベーシックなカッティングシートから、個性的なカッティングシートまで数多く取り揃えておりますが、中でも人気の「CSカッティングシート」「CS200Meメタリックシート」の2つがテンタックを取り扱っている中川ケミカル社の商品です。

CS200Meメタリックシートは他のシートと異なる光り方をし、金属のような風合いを楽しむことができます。色はゴールドとシルバーの2色展開で、お値段は[こちら](https://www.quackworks.jp/price/cs200me/)からご確認いただくことができます。サイズは600mm*3000mmと大判サイズのご用意が可能ですので、内装材としても使用することができます。弊社にて取り扱いのない中川ケミカル社のシートに関しては、以下の記事に記載がございますので気になる方はご確認くださいませ

【カッティングシート】大手メーカー中川ケミカルのオススメシート紹介

QUACK WORKSでオリジナルステッカーを作ろう

DIY工具
2020年1月27日現在、弊社ではテンタックの取り扱いはないものの、中川ケミカル社のシート含め様々なカッティングシートを取り扱っております。弊社の強みとしては材料の準備からステッカー加工までを一貫してお手伝いすることが可能な点です。シートの種類とサイズ、そしてデザインを決めていただければ、後は弊社にお任せいただいて大丈夫です。

カッティングステッカーはシートの種類、サイズ、発注する枚数によって金額が異なるため、正式な金額は[お見積もり](https://www.quackworks.jp/order/)後に確定となりますが、各シートのページにてサイズに応じた参考金額が載っておりますので、まずはそちらをご参考ください

価格・色見本
枚数割引き(全カッティングシート共通)は5枚から適用で、小口でも安心、もちろん大口は更に割引きます。料金計算方法も紹介しています。お支払いは銀行振込、クレジットカード、請求書払い(後払い)が可能です。

また、弊社では同じデザイン・シートにて5枚以上ご注文いただいたお客様に対して、「シート割引」を適用させていただき、ご注文金額¥12,000-以上のお客様には送料無料のサービスをさせていただいております。このようにご注文の量や金額によって割引制度がございますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

まとめ

テンタックシートは施工面を選ばずに貼ることができるため、様々なシーンで活用できます。しかし通常のカッティングシートの方が、色の種類が多く且つ安価で抑えることができるので、用途によって使い分けると良いでしょう。カッティングシートには種類によって様々な特徴があるため、耐候性や質感などを確認しながら好みの1枚を選ぶことができます。弊社では中川ケミカル社のカッティングシートだけでなく様々メーカーのシートをご用意しております。ステッカー作成の際はぜひご相談ください。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

テンタック
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?