一覧へ戻る

激安ステッカーの入手方法は?気をつけるべきポイント

プリントステッカーやカッティングステッカーは、数多くのデザインが販売されております。誰でも簡単に貼ることができる手軽さと屋外でも使用できる丈夫さから、人気を集めているからです。しかしステッカーのサイズによっては1枚500円〜1000円で売られているものも多く、シールと比べると決して安いとはいえません。そこで「ステッカーは欲しいけれど、とにかく安く手に入れたい!」と考えている方にオススメなのが、オリジナルステッカーを作ることです。材料の選び方や発注の時のポイントなどを抑えれば誰でも安くステッカーを作ることができるのです。そこで当サイトでは激安ステッカーの入手方法や、オススメの材料などをご紹介いたします。ステッカーの参考事例や作成方法などの記載もありますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそもステッカーのメリットとは?

ステッカーのメリット
激安ステッカーの知識をつける前に、まずはステッカーのメリットを確認しましょう。様々な点が挙げられますが、大きく下記の3点がメリットであると言えます。

  • 自分の持ち物に個性が出る
  • 周囲への宣伝・発信力になる
  • 手軽に施工できる

ステッカーは、個人の満足度を簡単にあげることができるアイテムです。パソコンやスマートフォン、身の回りの文具などは人と被ってしまうことが多く、見分けが付かなくて困ることはありませんか?ステッカーを貼るだけで、周りの人と同じだったものに一気に個性を加えることができます。自分の好きなデザインのステッカーを貼ることで、使用する度に目に留まり高揚感を得ることができるでしょう。
また、ステッカーは自分の気持ちを上げるだけでなく、周囲に対して宣伝効果を持っています。例えば、会社名を印刷したステッカーを車に貼るだけで広告車として使用することができますし、店舗名をお店の扉に貼るだけで簡単に店構えを作ることができるのです。
何より、上記のような効果を得られながら、貼るだけで作業が完了する手軽さこそ最大のメリットであると言えます。

市販の激安ステッカーを使用する際の気をつけるべきポイント

市販の激安ステッカーを使用する際の気をつけるべきポイント
市販の激安ステッカーを使用する際には以下の2点に気をつけるようにしましょう。

  • 使用場所と素材が合っているか
  • 使用期間と粘着性が合っているか

ステッカーは、同じデザインを大量に作ることで製作コストが抑えられます。そのように製作されたものは比較的安い価格で販売されており非常にオススメです。しかし中には粘着性が弱いものや、屋外にて使用できない素材を使用して作られているものがある場合があります。特に剥がす可能性がある場合は、一度同じ素材のステッカーを試し貼りして問題ないかどうか確認することをオススメいたします。基本的にシール剥がしを使えばステッカーは剥がすことができますが、精密機械などシール剥がしを使えない物に貼る際には事前に確認をすることで、糊跡のリスクを減らすことができます。

自分好みのステッカーを安く入手するためには?

自分好みのステッカーを安く入手するためには?
自分好みのステッカーを安く入手する方法は、入手する量によって異なります。
少量の場合と大量の場合に分けて、方法をご説明いたします。

少量の場合―購入or自作

下記の方法で安く抑えることができます。

1.既製品を購入する:市販のステッカーから自分好みのステッカーを探す
2.ラミネート(但し屋内のみ)
3.カッティングシート(屋内・外OK)

1つ目の簡単な方法は、市販で売られているステッカーの中から自分好みのステッカーを探すことです。プリントステッカーが販売されていることが多く、インターネット検索でも様々なデザインのステッカーを見つけることができます。

ホンチー 100枚ステッカーセット ランダムシール 防水シール スーツケース バイク ヘルメットなど適用
ホンチー

2つ目の簡単な方法は、お気に入りのデザインをプリントもしくは切り抜きし、ラミネートすることです。ラミネートシールは100円ショップなどでも販売されており、安く手に入れることができます。但しラミネートの強度によりますが、シールの利用は屋内に限定した方が良いでしょう。

3つ目の簡単な方法は、カッティングシートを好きなデザインに切り取ってカッティングステッカーを作ることです。カッティングシートの場合、屋外でも使用できる素材なので使用場所を気にしなくて良いというメリットがあります。シートはカッターなどで簡単に切ることができるため、初心者の方でも問題なく作業することができます。作り方が気になる方はこちらをチェックしてみてください。

大量の場合―プロにお任せ

同じものを大量に作成するためには、作業ができるスペースの確保と大量発注に対応できる機械が必要です。家庭用機器のスペックで行うには時間がかかってしまい、且つ相当手間がかかるでしょう。だからこそ、大量発注の際は専門業者にお任せすることをオススメします。「プロに任せたらその分高くなってしまう」と考えた方もいらっしゃると思いますが、弊社の場合は問題ありません。Illustratorのデータにて入稿いただければシートと同じ価格でカットすることが可能です。また、同じデザインのステッカーを5枚以上ご注文いただくとシート割引というサービスが適応されます。1000枚の大量発注であればシート代が70%も割引になるため、個人で作成するよりも格安になります。
デザインによっては別途費用が発生する場合がありますので、検討されている方はお見積もりのご相談をお待ちしております。

カッティングステッカーの参考例

弊社で作成いたしました参考例をご紹介いたします。

https://www.quackworks.jp/product/2019/08/19/120000

iPad

https://www.quackworks.jp/product/2019/07/19/120000

壁面サイン

https://www.quackworks.jp/product/2019/06/12/120000

キャリーケース

https://www.quackworks.jp/product/2019/06/26/120000

QUACK WORKSの安価なカッティングシート

クワックワークスのロゴ
弊社にて取り扱いのある中で安価なカッティングシートをご紹介いたします。

  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

激安ステッカーを入手する方法は必要な枚数が少量なのか大量なのかということによって変わってきます。1枚単位で購入する場合は市販の方が安く手に入ることが多いですし、数枚まとめて手に入れたいという場合は製作依頼をした方が安く手に入るでしょう。
また弊社では1枚単位でステッカーの注文を受け付けておりますので、オリジナルステッカーを作成したい方は、発注枚数を気にせずお気軽にお声がけくださいませ。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ステッカーのメリット
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?