一覧へ戻る

誰でも簡単にはがせる再剥離カッティングシートの紹介!

カッティングシートは丈夫な素材を使用しており、屋外でも問題なく使用することができます。しかし丈夫であるが故に剥がす時は、シール剥がしなど使用しないと取りにくい材料とも言えます。しかしカッティングシートの中でも粘着力が弱く、シール剥がしなどを使用しなくても簡単に剥がすことのできる種類があることをご存知でしょうか。当サイトでは簡単に剥がすことができる再剥離シートをご紹介し、且つカッティングシートの剥がし方や剥がすときのコツなど幅広い情報をお届けいたします。

カッティングシートにはどんな種類がある?

カッティングシート1
カッティングシートは、大きく分けるtと屋外用と屋内用の2種類に分かれ、その中でも耐候性によって短期・中期・長期タイプに分けることができます。
屋外用とは標準のカッティングシートのことで、屋外でも使用することができる耐候性に優れたカッティングシートを指します。一方で屋内用とは、屋内のみの使用を想定して作られたカッティングシートであり、メタリックやラメなど表面が特殊なシートが多い傾向にあります。
中・長期で貼ることが決まっている場合は、屋外用を使用することをお勧めしますが、いずれ剥がすことが決まっている短期的な掲示の場合は、屋内用カッティングシートもしくは再剥離カッティングシートを使用することをお勧めします。
弊社で扱っている621短期用シートは、耐候年数が屋外3年という丈夫さを持ちながらも剥がして再度貼り直すことのできる再剥離カッティングシートです。
誰でも簡単に剥がすことができ、且つ標準的なシートよりも安価であるため、短期利用の場合に非常にお勧めの材料なのです。

621短期用シート 価格・色見本

カッティングシートははがせる?カッティングシートの特性

カラフルなカッティングシート
カッティングシートを選ぶ時には下記のポイントを考えながら選ぶと良いでしょう。

  1. シートの素材
  2. 施工面の日当たり状況
  3. 掲示期間

まず、カッティングシートには粘着性が2種類あり、強粘着と弱粘着に分けることができます。強粘着とは、文字通り粘着性の強いシートを指し、シート自体剥がれにくい分、剥がす時に糊跡が残る可能性があります。一方で弱粘着や再剥離の場合は:強粘着に比べ糊が弱く糊跡が残りにくいため、簡単に剥がすことができますがシートによっては屋内専用のものがあるので屋外で使用を検討している場合は注意が必要です。
続いて、施工面の日当たり状況によってカッティングシートの剥がれ方が大きく変わってきます。直射日光が当たっている場所は糊が焼けて跡が残りやすく、シール剥がしなどが必要になることが多いということを念頭に置くと良いでしょう。
そして掲示期間は、長ければ長いほど糊の経年劣化で跡が残る可能性があります。長期にわたって貼り続けているステッカーを剥がす時は注意が必要になります。

カッティングシートの「剥がし方」と「剥がす手間を省く方法」の紹介

貼り方・剥がし方

カッティングシートの剥がし方

カッティングシートの剥がし方は、ドライヤーで温めて剥がす方法とシール剥がしを使用して剥がす方法の2種類があります。
ドライヤーを使用して剥がす方法は、シートが手で触れることのできるギリギリの熱さまで温める事で、粘着剤が柔らかくなり剥がす事ができるようになります。施工面が熱に対応できる素材であれば一番手軽に出来る剥がし方です。
一方でシール剥がしを使用する方法は、シール剥がし剤をカッティングシートに吹きかけ、専用のスクレーパーで浮いてきたステッカーを削り取ります。材料の購入が必要になりますが比較的簡単に剥がすことの出来る方法と言えるでしょう。

こびりついたシールを剥がすには?オススメシール剥がし5選!

剥がす手間を省く方法

ドライヤーやシール剥がしを使用しても、カッティングシートを剥がす作業に手間を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのように感じる方は、ステッカーの素材を「弱粘着タイプ」や「再剥離タイプ」にする事で上記のような手間を省くことができます。
ステッカーを貼る時に剥がすことが決まっている場合は、弱粘着や再剥離タイプを選ぶようにしましょう。

621短期用シートの使用例

展示会のサイン

短期用カッティングシートでグループ展をご案内

屋内の受付サイン

ウォールステッカー

ウェルカムボード

カッティングシートのウェルカムボードでお出迎え

短期用シートは弊社取り扱いシートの中でも一番安価であり、人気のあるシリーズです。展示会のように剥がすことが決まっているシーンや、室内店舗サインなどあまり人に触れられない場所などに使用されることが多いです。カラー展開は全20色あるため、お好みの色を見つけていただくと良いでしょう。
また弊社では上記のように、カッティングシートを好きなデザインにステッカー加工した状態で発送することが可能です。気になる方は[こちら](https://www.quackworks.jp/flow.html)をチェックしてみてください

QUACK WORKSの621短期用シート

クワックワークスのロゴ
弊社で取り扱っている再剥離シートをご紹介いたします。

  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

通常のカッティングシートは粘着力が強く剥がれにくいという点が特徴で剥がす時は手間がかかってしまいます。しかし再剥離シートを使用することで、面倒なカッティングシート剥がしがスムーズにでき、糊跡を気にすることなくステッカーを楽しむことができるようになるのです。弊社ではシートの購入からステッカーの制作・納品まで一貫してサポートすることができますので、オリジナルステッカーの制作を検討されている方はぜひお問い合わせフォームまでご連絡をお待ちしております。

お問い合わせ

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

カッティングシート1
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?