一覧へ戻る

【カッティングシート】オススメメーカーとは?塩ビシートブランド紹介!

既成のデザインで作られて市販されているカッティングシートは、デザインを基準に選んでしまうため、シートメーカーに目を向けないことが多いと思います。しかし実はカッティングシートという素材は、国内外問わず数多くのメーカーが存在し、シートの特徴がそれぞれ違います。
ご自身でオリジナルステッカーを作成する場合は、数多くあるメーカーの中から1枚を選ばなくてはいけませんが、何を基準に選べばいいのでしょうか。

「オリジナルステッカーを作りたいけれど、どのメーカーのシートにしたらよいかわからない」や「オススメのカッティングシートメーカーを知りたい」という声に向けてオススメのカッティングシートメーカーをご紹介いたします

そもそも「ステッカー」と「シール」の違いとは?

市販の激安ステッカーを使用する際の気をつけるべきポイント
カッティングシートのメーカー紹介の前にまずは以下の違いを押さえておきましょう。

  • シール
  • プリントステッカー

大きく分けると上記のように、「シール」と「ステッカー」の2種類があります。シールとは基本的に紙製の表層に粘着層が付いたタイプで室内用として作られています。

一方でステッカーは、フィルム製の表層に粘着層が付いたタイプで、屋外でも使用が可能な素材です。平たくいうと、より丈夫なものがステッカーに属します。

  • シール(室内で使用する)
  • プリントステッカー(屋外でも使用できる)
    • プリント
    • カッティング

そしてそのステッカーにも「プリント」と「カッティング」の2種類に分かれます。プリントは、その名のとおり印刷機を使用し、デザインをプリントするステッカーです。フルカラーで作成できるため、グラデーションが使用できます。

カッティングは、カッティングシートを切って好みのデザインにするステッカーです。カッターナイフや専用のカッティングマシンを使用して、単色のカラーシートから希望するデザインの形にカットして制作します。

単色のカラーを何色か組み合わせて多色で作成することも可能ですが、プリントステッカーのようにフルカラーで作成できないため、グラデーションは使用できません。また金属質なシートなどシート自体が特殊なものがあるのも特徴です。まとめると以下の関係図ができあがります。

  • シール(室内で使用する)
  • プリントステッカー(屋外でも使用できる)
    • プリント(フルカラー印刷できるステッカー)
    • カッティング(単色のカラーシートから切り出すので、グラデーションが使用できない)

つい混同して使いがちですが、素材が異なるため、それぞれの特徴を押さえておくようにしましょう。今回は後者の「カッティングシート」に関するオススメメーカーについてご紹介いたします。

金属のような質感?メタリックシートを紹介!

カッティングシートのオススメメーカー3社を紹介!

オススメの会社
今回はオススメ3社をご紹介いたします。

株式会社中川ケミカル

中川ケミカル
「カッティングシート」といえば、まず思いつくのは中川ケミカルです。
実は普段使っているカッティングシートの本当の名前は、マーキングフィルムや塩ビフィルムシート、カッティングステッカーなどと呼ばれており、カッティングシートという名前は中川ケミカル社が取り扱う塩ビフィルムシートの商品名なのです。

それだけ世の中にカッティングシートを広めた会社でもあり、取り扱うシート種類数から見ても日本有数のシートメーカーであると言えます。中川ケミカルでは「カッティングシート」をはじめとし、さまざまなデザインシートを取り扱っております。

【カッティングシート】大手メーカー中川ケミカルのオススメシート紹介

カッティングシート
カッティングシート・カッティングステッカーとは、白や赤といった既存の単色シートからデザインを機械で切り出して製作する塩ビ製切り文字ステッカーです。航空機などの過酷な環境下でも使用されており、非常に高い...

3M(スリーエム)ジャパン株式会社

3Mジャパン
3M(スリーエム)ジャパンも、中川ケミカルに匹敵する大手シートメーカーです。本社をアメリカ合衆国に置き、さまざまな文具や、建材用品を展開しながら電気や医療など、さまざまな範囲の事業を行なっている会社です。

スリーエムジャパンのシートの中でも、とくに有名なのが「3Mダイノックシフィルム」というシリーズです。単色カラーシートはもちろんのこと、木目調やメタル調など、さまざまな柄を取り揃えているシートです。微妙な表情や色合いから選べますので、細部まで拘ってDIYを楽しめます。

【カッティングシート】3M(スリーエム)フィルム人気シリーズを解説!

ORAFOLジャパン株式会社

ORAFOLジャパン
ORAFOL社は、ベルリンの郊外に拠点を置くシートメーカーです。世界最大のシェアを保有しており、屋内外用のカッティングシートだけでなく、インクジェット用フィルムやカーラッピング素材など、さまざまなシーンに対応できる種類のシートを取り扱っております。
安定した質を提供してくれる会社であり、弊社で取り扱っているシートの多くは、こちらのORAFOL社の材料です。さまざまなタイプがあるため、ご自身の用途に合わせて選べるORAFOL社のシートは初心者の方にもオススメできます。

ORACALのカッティングステッカーをオススメする理由とは?

651標準シート 価格・色見本

自作デザインをカッティングステッカーに!QUACK WORKSのサービス紹介

クワックワークスの紹介
弊社は材料調達から納品まで一連のステッカー作成の流れを請負っている会社です。
弊社で取り扱っているシートの中からお気に入りのシートを選んでいただき、デザインをご用意いただくだけで、デザインカットした状態で納品いたします。

「カッティングステッカーを作りたいけど、カッターは苦手…」という方や「時間がなくて中々作れない…」とお悩みの方に最適なサービスです。前述のとおり、弊社が取り扱っている単色カラーシートは主にORAFOL社のもので、耐候性に優れている材料となっております。
尚、詳細の流れに関しては、納品までの流れのページに詳細がございますので、気になる方はぜひチェックしてください。

納品までのながれ
初めてご利用されるお客様は必ずご覧下さい。弊社でカッティングシート・カッティングステッカーを製作する際の、データ作成から納品までの一連のながれを順を追って説明しています。ご注文をお考えの際はこのページ...

カッティングシートの参考例紹介

弊社にてお手伝いした参考例をご紹介いたします。

車×カッティングステッカー

2匹のワンちゃんの躍動感が伝わるカッティングステッカー
記事 – 2匹のワンちゃんの躍動感が伝わるカッティングステッカー

パソコン×カッティングステッカー

カッティングシートで〝差別化〟〝満足感〟を両立
記事 – カッティングシートで〝差別化〟〝満足感〟を両立

店名サイン×カッティングステッカー

複雑なデザインも切り文字ステッカーにお任せください
記事 – 複雑なデザインも切り文字ステッカーにお任せください

QUACK WORKSのカッティングシート

クワックワークスのロゴ
弊社で取り扱いのあるカッティングシートをご紹介いたします。

  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:8500電飾用シート
  • 耐候性:メタリック = 屋外5年、その他カラー = 屋外7年
  • 色数:全32色
  • 最小サイズの価格:¥510(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,295(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥22,810(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:6510蛍光シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外1年
  • 色数:全5色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:Laラメシート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外5年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:5200反射シート
  • 耐候性:3年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥510(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,295(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥22,810(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:CS200シート
  • 耐候性:堅牢
  • 色数:全2色
  • 最小サイズの価格:¥510(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,295(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥22,810(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

今回ご紹介したメーカーのカッティングシートは建築関係のプロの方も使用する有名なものばかりです。カッティングシートは他のDIY材料よりも手軽にはじめられ、なおかつ難しい工程はないので、プロ顔負けの仕上がりを目指すことも可能です。
まずはステッカーサイズから取り組んでみて徐々に慣れていくとよいでしょう。ご不明点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

クワックワークスの紹介
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?