一覧へ戻る

防水ステッカーとは?防水には塩ビシートが優秀!

ステッカーは、様々な持ち物を個性豊かなデザインに変身させる便利なアイテムとして人気を集めております。誰でも簡単に貼れるため、パソコンやその他生活小物などに貼る方や、車やヘルメットなど外で使用するアイテムに貼る方も多く見かけるでしょう。しかしそのようなステッカーは素材によって屋内でしか使用できない物もあるため、屋外で使用したい場合は購入の時に「防水・耐水ステッカー」を選ぶ必要があります。

「防水・耐水ステッカー」を入手したいと考えている方にオススメしたいのは、塩ビフィルムシートを使用したカッティングステッカーです。
これは塩ビフィルムシートという丈夫な素材を使用しており、かつ様々な種類があるためご自身の好みのデザインステッカーを入手できるのです。このページではステッカーの種類を始めとして、防水・耐水タイプのステッカーについてご紹介致します。

ステッカーの特徴とは?

市販の激安ステッカーを使用する際の気をつけるべきポイント
ステッカーには「プリントステッカー」と「カッティングステッカー」の2種類があり、制作方法とステッカーの構造が異なります。プリントステッカーは印刷機を使用して希望のデザインをステッカー素材に印刷して作成するため、印刷する素材によっては屋内でしか使用できないタイプのステッカーがあるのです。一方でカッティングステッカーは、カッティングシートと呼ばれる粘着剤付きの塩ビフィルムシートを、好きなデザインに切って作られたステッカーです。素材や色によって耐候年数は異なりますが、基本的に屋外使用の想定で作成されているため、ほとんどのシートが耐水使用になっている点が異なります。
プリントステッカーの場合でも塩ビやPET、アルミ蒸着などの素材が使用されており、ステッカーの表面にラミネート加工が施されていれば防水・耐水ステッカーとして使用可能です。

防水・耐水ステッカーとは?

ステッカーのメリット
防水・耐水ステッカーとは、水がかかっても破れることのないフィルム素材を使用したステッカーです。水に強い粘着性と表層を使用して作られており、身近なところでは、シャンプーやリンスなどの表層パッケージシールや、ジュース・調味料などの飲料食品系のラベルとして使用されています。
防水・耐水ステッカーとして販売されている物は水に強いだけでなく耐候性に優れている場合が多いです。UVカットのラミネートが施されていて紫外線による色褪せを防げて、長期間デザインを楽しめます。

またカッティングステッカーの場合、カッティングシートの表面が塩ビフィルムシートであるため、プリントステッカーのようにラミネート加工が施されていなくても、耐水や紫外線対策のなされている素材が使用されています。そしてカッティングシートを好きなデザインにカットするだけで、オリジナルステッカーが作れる手軽さから、オリジナルデザインを希望する方に非常に人気のある素材なのです。

防水・耐水ステッカーの良い点と注意すべき点とは?

チェック
防水・耐水ステッカーを使用する良い点は下記の2点です。

  • 屋外に使用できること
  • 丈夫で紙ベースのステッカーよりも劣化が遅いこと

屋外で気にせず使用できるという点は最大のメリットと言えます。また丈夫な素材であるため、紙ベースでできているステッカーよりも劣化が遅く、ステッカーデザインを長い期間楽しめる点もオススメできるポイントです。

一方で防水・耐水ステッカーを使用するにあたって知っておくべきこともあります。それは、防水・耐水ステッカーは粘着性が強く、剥がしにくいステッカーがあるという点です。
屋外使用される想定で作られたステッカーであるため、粘着力の強い物が多くあります。シールのように簡単に剥がせない物が多く、無理に剥がそうとすると粘着面だけ残ってしまう可能性があるのです。そのような場合はシール剥がしなどを使用すると綺麗に剥がせますので、無理に剥がすことは避けるようにしましょう。

シールを剥がした後、のりが残る!剥がし方とは?方法&アイテムを紹介

失敗しないカッティングシートの剥がし方!おすすめのシール剥がし5選も!

防水ステッカーは自分で作れる?水に強いステッカーの作り方を紹介

水を弾くカッティングシート
「自分で考えたデザインの防水ステッカーが欲しい」と考える方に向けて下記の方法を紹介致します。

  • 好きなデザインシールをラミネートする
  • 耐水紙を使用する
  • カッティングシートを使用する

これらの方法で耐水ステッカーを作ることが可能です。
一番簡単な方法は「好きなデザインシールをラミネートして作る方法」です。耐水ラミネートシールはホームセンターなどで購入でき、好きなシールの上から耐水ラミネートシールを貼ることで耐水効果を得られます。しかしシールの見えがかりが二重になってしまい分厚くなるため、その点が唯一のデメリットと言えるでしょう。この点をデメリットに感じる方は、次の「耐水紙を使用して作る方法」をオススメいたします。耐水紙を使用することでラミネートが不要になるためすっきりとした見栄えにできます。
しかし耐水紙を使用したステッカー作りには印刷機が必要になるため、必要な機材が揃っているか事前確認が必須ですのでご注意ください。

最後にご紹介するのは「カッティングシートを使用する方法」です。
カッティングシートは、表面が色付き塩ビシートで粘着剤がすでについている素材であるため、好きなデザインに切るだけでステッカーを作れます。素材自体が耐水性を持っているため追加でラミネートする必要がないため、耐水紙同様すっきりとした見栄えにできます。

しかし、カッターを使って好きなデザインにしていくため、カッターの操作に慣れていない方にとっては少し難しく感じるかもしれません。そのように感じる方は、弊社クワックワークスのようにカッティングシートのデザインカットを行う専門業者に依頼することをお勧めいたしますクワックワークスの場合、材料の購入からデザインカットまで一貫して対応できるため、材料の選定とデザイン案を作成していただくだけでオリジナルステッカーを作成できます。気になる方はまずはじめての方のページをチェックしてみてください。

はじめての方
カッティングシート・カッティングステッカーってどんなもの?クワックワークスでは、はじめての方でも簡単に製作することができます。弊社でできること、出来ないことも纏めましたので、はじめてご訪問された方は、...

651標準シートの耐候性

QUACK WORKSの651標準シート

クワックワークスのロゴ
弊社で取り扱っているベーシックなカッティングシートをご紹介いたします。

  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

参考写真:カッティングステッカー

Bambina de Oro様のゴールドのカッティングシート
表層が塩ビフィルムシートでできており、耐水効果があります。
他にも個性的なLaラメシートや、CS200Meメタリックシートなど数多くの種類を取り揃えておりますので、合わせてご覧くださいませ。

Laラメシート 価格・色見本

CS200Meメタリックシート 価格・色見本

まとめ

防水ステッカーは水に強いだけでなく素材自体が丈夫であることが多いため、長い期間に渡りステッカーを楽しめます。またカッティングシートのように塩ビシートを使用したステッカーであれば、耐候性にも優れているため非常にオススメです。お好みのステッカーを探してみてはいかがでしょうか。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

市販の激安ステッカーを使用する際の気をつけるべきポイント
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?