一覧へ戻る

大型ミラーシートの使い方とは?参考例を紹介!

ミラーシートとは、鏡のような風合いを再現したカッティングシート材料です。カッティングシートはロール状で販売されており大判サイズが取れるため、好きなデザインにカットして使う方法だけでなく、貼りたい部分一面に施工することも可能です。特にミラーシートを大判で使用する場合、より鏡のような使い方ができることから、デザイン面だけでなく機能的にミラーシートを選択する人も増えてきております。実は便利な大判ミラーシート。当サイトでは大判ミラーシートの参考例やメリット、そしてオススメ品番まで様々な情報をお届けいたします。

ミラーシートとは?

ミラー
ミラーシートとは、鏡のような風合いを再現したカッティングシートです。カッティングシートのため施工しやすく、鏡のように割れる危険性がないことから様々なシーンに活用できる素材です。
通常のシルバー色のカッティングシートとは異なり金属的な光り方をするため、メタリックシートという名前で販売されているところも多くあります。弊社で取り扱いのあるミラーシートは中川ケミカル製の「CS200Meメタリックシート852シルバー」で、最大サイズは600mmx3000mmまで取り扱いがあります。
他のシートに比べて伸縮性に欠けるため平滑面のみの施工となりますが、施工物の存在感を上げられるため、弊社の商品の中でも人気の高いシートです。
同じ質感で金色の「CS200Meメタリックシート813ゴールド」もあるため、ご自身の好みに応じて選ぶと良いでしょう。

CS200Meメタリックシート 価格・色見本

大判ミラーシートの参考例を紹介

家具×ミラーシート

卓球台×ミラーシート

扉×ミラーシート

大判のミラーシートを使用すると、様々なものを一面鏡貼りのような質感に変えられます。
弊社のメタリックシートの光り方は以下の動画にて確認いただくけます。

また弊社では無料サンプルの配布も行なっており、実際に購入される前に色や質感の確認をオススメしております。お問い合わせフォームより受け付けておりますので、是非気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

大判ミラーシートの良いところは?

大判ミラーシートの良いところは下記の2点です。

  • 鏡のような質感にすることで一気に存在感が増す
  • 姿見のような使い方ができる

鏡のような重厚感があるミラーシートは大判にて利用することで、貼ったものに存在感が増します。シルバー色とは異なる質感であり、空間の中で目を惹くこと間違いなしです。また、壁面に貼ることで姿見のような使い方ができます。本物の鏡を取り付けようとすると鏡を固定するための下地を用意しなくてはいけなくなり、必要な材料費がかかるのです。しかしシートを貼る場合、下地は不要になるためコストも減せて無駄な手間を欠ける必要がなくなります。シートだからこそ施工手間がかからず、尚且つ存在感が出るというところは大判ミラーシートを使うメリットであると言えます。

大判ミラーシートを好きなデザインにカットしたい場合はどうする?

ミラーシート
ミラーシートの加工は基本的に他のカッティングシートと同じ方法で行えます。好きなデザインをプリントし、そのデザインのアウトラインに沿ってカッターを入れることでカッティングステッカーを作成できるのです。

しかしミラーシートは通常のカッティングシートよりも伸縮性がないため、初心者の方が行うには不向きな材料です。且つ大判のカッティングシートを加工する場合、カッティングシートを広げるための作業スペースを確保しなければならないのと、周りが映り込むためカッターの切り込み線が見にくいです。またカッターを入れるための作業台やカッターマットが必要になるため、慣れている方でも手間がかかります。そのような時は、カットをプロにお任せすることをオススメします。

弊社ではカッティングシート最大サイズの600mmx3000mmまでカットが可能で、機械を使って加工するため、手で行うよりも精度の高いステッカーを制作できます。使用するカッティングシートとデザインを決めていただければ、必要に応じてデータ調整も行わせていただきます。オリジナルステッカーが欲しいけれど、作るのは面倒…とお考えの方は、まずは以下の納品までのながれのページをチェックしてみてください。

はじめての方
カッティングシート・カッティングステッカーってどんなもの?クワックワークスでは、はじめての方でも簡単に製作することができます。弊社でできること、出来ないことも纏めましたので、はじめてご訪問された方は、...
納品までのながれ
初めてご利用されるお客様は必ずご覧下さい。弊社でカッティングシート・カッティングステッカーを製作する際の、データ作成から納品までの一連のながれを順を追って説明しています。ご注文をお考えの際はこのページ...

QUACK WORKSのメタリックシート

クワックワークスのロゴ

弊社で取り扱っているメタリックシートをご紹介いたします。

  • シート名:CS200Meメタリックシート
  • 耐候性:851ゴールド = 屋外1年、852シルバー = 屋外2年
  • 色数:全2色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

CS200Meメタリックシートの他に、ベーシックな651標準シートや621短期シート、個性的なLaラメシートや6510蛍光シートなど数多くの種類を取り揃えておりますので、合わせてご覧くださいませ。

  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:Laラメシート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外5年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

  • シート名:6510蛍光シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外1年
  • 色数:全5色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

目を惹く色合いのカッティングシートがたくさんある中で、ミラーシートは格段に存在感がでる材料です。サインのようにさりげなく使っても素敵に仕上がりますが、今回ご紹介したように大判で利用されると、よりミラーシートの良さが出るでしょう。
施工に関しては通常のカッティングシートよりも難しく感じるかも知れませんが、施工の手順さえ押さえておけば問題ありません。是非一度使用してみてその良さを実感してみてください。

貼り方(ドライ)
カッティングシートの貼り方をドライ、ウェット(水貼り)共に解りやすい写真付きで紹介しています。ご注文頂いた方には更に詳しい貼り方の説明書もお付けしています。貼れる素材・貼れない素材の紹介もありますので...
装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ミラーシート
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?