一覧へ戻る

カッティングシートを激安で買う方法とは?

カッティングシートにはさまざまな使い道があり、大判シートで家具や壁面をリメイクすることや、カットしてオリジナルステッカーを作成できます。幅広い使い道があるカッティングシートですが、出来るだけ安く手に入れられるに越したことはありませんよね。

このページでは「激安のカッティングシートを手に入れたい!」と考えている方々の為に、激安で材料を入手するポイントや、激安でシート加工を依頼する方法など、目的に応じた激安カッティングシートの手に入れ方をお教えいたします。
知っておいて損のない情報です。ぜひ最後までお読みください。

カッティングシートの種類について

カッティングシートの種類について
弊社で取り扱いのあるカッティングシートには、単色のカラーシートや個性的なLaラメシートCS200Meメタリックシートなどさまざまな種類があります。中でも単色シートは一番ベーシックで使いやすく、弊社の取り扱いシートの中でも需要が高い種類です。その単色シートにも「651標準シート」と「621短期用シート」の2種類があることをご存知でしょうか。

651標準シートとは、耐候年数屋外4年以上と非常に丈夫で、弊社取り扱いシートの中でもカラーバリエーションが豊富な種類です。また621短期用シートは、施工後2年間きれいに剥がすことのできる再剥離シートで、屋外でも使用できます。

651標準シートと621短期用シートを比較すると、621短期用シートの方が、対抗年数が短いこともあり安い価格で購入できます。
値段差はサイズによって異なりますが、600mm*3000mmのシートの場合、標準シートが¥13,950-に対し、短期シートは¥11,915-と¥2,035-もお安く購入できるのです。

651標準シート 価格・色見本

621短期用シート 価格・色見本

激安でカッティングシートを手に入れるための方法とは?

激安カッティングシートを手に入れるための方法とは?
激安カッティングシートの入手する方法を、材料編と製作編に分けてお教えいたします。

材料入手編

自分で加工することを前提にカッティングシートを購入する場合は、安いシートを大量にまとめて購入することが、激安入手の方法です。
弊社の651標準シートを例に出すと、300mm3000mmのシートが¥8,780円に対し、横幅が倍の600mm3000mmでは¥13,950-です。300mm幅のシートを2本購入するよりも、¥3,610-も安くにシートを購入できます(弊社の場合、加工費込の価格表示です)。

またシートのみのご購入(カット加工なし)の場合は、カッティングシートを貼るためのアプリケーションシートは同封されませんので、材料と合わせて購入が必要になります。
そして購入サイズや配送場所に合わせて配送料が必要です。弊社では¥12,000-以上ご購入された場合、配送料無料サービスを展開していますの。なるべく激安で入手を希望される方は、配送料無料になるくらい量のご注文をオススメいたします。

製作依頼編

カット加工も含めて製作依頼をしたい場合は、データを準備することがコストダウンの方法となります。弊社の場合、Illustratorにてデータ入稿が可能であれば、データ作成費無料になる為、トリミング費用なども不要なデザインであれば、シート代の支払いだけで加工まで行えます(トリミングとはカットしたシートの不要な部分を剥がす作業です。)。

Illustratorでのデザイン方法
カッティングシートのデータをAdobe Illustratorでデザイン・入稿する方法の紹介です。印刷に比べて少し決まりごとが多いですが、解説付きの完成例とNG例の見本データもダウンロード出来ます。

そしてカット加工をご依頼いただいたシートに関しては、施工するときに必要なアプリケーションシート(転写シート)がついた状態で納品しております。副資材費用分を削減できます。尚、加工費用については価格/色見本のページに詳しく記載がございますので、ご確認ください。

価格・色見本
枚数割引き(全カッティングシート共通)は5枚から適用で、小口でも安心、もちろん大口は更に割引きます。料金計算方法も紹介しています。お支払いは銀行振込、クレジットカード、請求書払い(後払い)が可能です。

同じデザイン・同じシートの仕様でステッカーを5枚以上作成する場合は、枚数割引が適用されます。5枚以上のご注文でシート代5%オフになり、枚数が増えるとその分割引幅も大きくなります。他にも、先ほどご説明した通り商品合計が¥12,000-以上の場合は送料無料となるサービスもございますので、ぜひともご依頼をお待ちしております。

実例紹介

弊社の621短期用シートを使用した、実例をご紹介いたします。

ガラス×カッティングサイン

ネイルサロンのカッティングシート
記事 – カッティング用シート各色あります。

小物×カッティングステッカー

サンドブラストにもカッティングシート
記事 – サンドブラストのマスキングもカッティングステッカーにおまかせ

車×カッティングステッカー

車のリアガラスに貼られたカッティングシート
記事 – 同じデザインのカッティングステッカーでも、色違いなら印象が変わります

単色以外のシートの価格は?

単色以外のシートの価格は?
弊社では単色の他にも、金属的な光り方をするメタリックシートとキラキラ輝くラメシート、そして単色にはないビビットな色合いが特徴の6510蛍光シートがございます。
このような特殊シートは単色シートと比較してどの位お値段がするのか、ご紹介いたします。
標準シートの最大サイズが¥13,950- (600mm*3000mm)に対し、特殊シートは以下の値段になります。

  • シート名:CS200Meメタリックシート
  • 耐候性:851ゴールド = 屋外1年、852シルバー = 屋外2年
  • 色数:全2色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:6510蛍光シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外1年
  • 色数:全5色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:Laラメシート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外5年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

やはり通常のカッティングシートの方がお値段は安く抑えられます。
しかし少量で使うなどデザイン上で工夫をすれば、安い金額で特殊シートを使用することが可能になります。ご予算と相談しながら、ご自身のお好みのシートを選ぶようにしましょう。

QUACK WORKSの短期用カッティングシート

クワックワークスのロゴ
弊社にて取り扱いのある中で一番安く手に入るカッティングシートをご紹介いたします。

  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

カッティングシートを激安で購入する方法は、自作で行う場合は材料を一度で大量に仕入れること、そして製作依頼をする場合は、データを準備し、同デザインを纏めて製作することです。激安で入手してもDIYに時間をかけすぎては。コストパフォーマンスが悪くなっていまいます。
手作業が苦手な方は弊社へ依頼することも検討ください。枚数割引や配送無料のお得なサービスもございますので、組み合わせて使い素敵なステッカーを作ってみては如何でしょうか。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

カッティングシートの種類について
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?