一覧へ戻る

【特徴紹介】ステカのスペック・使い方・価格など詳しく解説!

「カッティングステッカーを作りたいけど、自分ではうまく切れない・・・」
そんなふうに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
カッターの作業は、簡単そうに見えて実は難しいですよね。自分が納得いくクオリティに切るためには、少し練習が必要になります。
中には「練習する時間はないけれど、オリジナルのカッティングステッカーを作りたい!」と考える人もいるはず。そこで本日は、そんな方にオススメの「ステカ」というカッティングプロッタをご紹介いたします!面倒なカット作業はすべて機械に任せて、手間と時間を省きながら、ハイクオリティのステッカーを作ってみませんか?

ステカとは?

ステカ

ステカとは、ローランドDG社製カッティングプロッタのことです。Illustratorなどのソフトウエアで製作したデータを出力し、好きなデザインにカットしていきます。ステカは、クラフトロボ同様、家庭用のカッティングプロッタとして販売されており、低価格で使いやすいという点が特徴です。以前、カッティングプロッタは業務用として位置付けられていましたが、ステカが普及したことによって、クオリティの高いカット作業をご家庭で簡単に行えるようになりました。またステカは、以下の用紙をカットすることが可能です。

  • 塩化ビニールシート(基材部厚み0.1 mm 以下、台紙を含めた厚み0.3 mm 以下)
  • ラベル紙(台紙を含めた厚み0.3 mm 以下)

基本的に、カッティングシートのような塩ビビニルシートか薄い紙などがカット可能です。
カッティングステッカーの制作にはぴったりの機械であると言えるでしょう!

【特徴紹介】クラフトロボのスペック・使い方・価格など詳しく解説!

ステカの価格

ステカはスペックが異なる3つのタイプがございます。
主にカット可能幅が異なり一番小型なタイプSV-8では、幅250mmがカット可能で、一番大型のタイプSV-15では、幅340mmまでカット可能です。

SV-8 38,000円(税抜)最大カッティングサイズ:160mm*1000mm

created by Rinker
ローランドディージー
¥32,780 (2020/09/27 22:54:49時点 Amazon調べ-詳細)

SV-12 68,000円(税抜)最大カッティングサイズ:250〜1000mm

created by Rinker
ローランドディージー
¥53,900 (2020/09/27 22:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

SV-15 98,000円(税抜)最大カッティングサイズ:340〜1000mm

created by Rinker
ローランドディージー
¥75,900 (2020/09/27 22:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

※価格参照URL
https://www.rolanddg.co.jp/products/vinyl-cutters/stika-desktop-cutter

※取り付け可能なシートの長さは、いずれも1,100mm以下です。

ステカの使い方

使い方

それでは、ステカの使い方をご説明いたします!

付属品を確認しよう!

  • ACアダプタ・電源コード
  • USBケーブル
  • ソフトウェアCD-ROM
  • ユーザーマニュアル
  • お客様登録カード
  • 交換用カッタープロテクター
  • カッター
  • カッターホルダー・ピン
  • テスト用シート(色付きのシート)
  • テスト用アプリケーションシート(透明のシート)

新品を購入する場合は問題ありませんが、中古品を購入する場合は上記の付属品もセットかどうか確認する必要があります。なければ単品で購入しなければいけないので気をつけましょう。

ステカの使い方手順とは?

  • データを作る
  • シートをセット
  • カッティング
  • 不要な部分を剥がす
  • 転写シートに転写する

まず、パソコンでカットするデータを作成します。付属のカッティングソフトウェア “Roland CutStudio”や、Illustrator・CorelDRAWなどのソフトウェアで作成することできます。次にステカにシートをセットします。セットする用紙がステカで切れる素材・厚さであることを確認するようにしましょう。用紙をセットしたら、次はカッティングです。設定ミスで失敗することも予測できますので、まずは試しで異なる用紙をカットし、問題ないか確認してから本番に移ることをオススメします。
カットが終了したら、カットされた余分な部分を剥がしていきます。ステカの場合、カットの精度が非常に高いので切り残りなどはほとんどありませんが、焦らず慎重に剥がすようにしましょう。そして最後は転写シートに移し、施工面に施工していきます。
自分でカットするとカット作業に労力を使ってしまいますが、カット作業を機械に頼ると作業時間が短縮できます。ハイクオリティのステッカーを効率よく作成できるのです!

カッティングステッカーを手作りする良さとは?

カットした紙

カッティングステッカーを手作りする良さは、次の2点が挙げられます。

  • 自分の好みに合わせてデザインが自由自在
  • 世界で1つのデザインだからこそ、個性が光る

やはり、自分で手作りすることによって、細かな部分にまでこだわれるため、デザインが自由自在になります。またステカを使うことで、オリジナルデザインがハイクオリティに仕上がるため、プロ顔負けのステッカーを作成することが可能になるのです。
また、自分で考えたデザインだからこそ、そこに個性が宿ります。
量産されたデザインとは違い、世界に1つだけのオリジナルデザインだからこそ、愛着が湧くこと間違いなしでしょう!

オリジナルステッカーを作成するもう一つの方法とは?

一方で「Illustrator使ったことがない・・・!」と焦った方もいるのではないでしょうか?カッティングプロッターの場合、デザインを起こす必要があるため、デザインのソフトウェアの操作が発生します。全く使ったことのない人からすると少しハードルが高いかもしれませんね。
ですが、そんなときは弊社クワックワークスにお任せください!

面倒なことはクワックワークスが引き受けます!

クワックワークスのロゴ

弊社クワックワークスでは、カッティングシートの製造から納品までを承っており、専用のフォームからデザインさえお送りいただければ、すぐに貼り付けられる状態で納品させていただきます!オリジナルデザインのカッティングシートが1枚から制作することができるのです!

はじめての方のページでは、できること、できないことが書かれていますので、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。
また制作実績のページには、今までご注文いただいたお客様が実際に施工された後の写真を沢山掲載させていただいておりますので、ご参考にしてください。

また、デザインデータの作成をお手伝いすることもできます!まずはお気軽にご相談くださいませ。

まとめ

ステカは家庭用のカッティングプロッタで、初心者の方でも扱いやすい機器で、とくにオリジナルのカッティングシート製作を行っている方には非常にオススメです。しかし、ソフトウェアの製作経験がない人からすると少しハードルが高いのも事実。そんな方は、まず弊社クワックワークスに相談してみてはいかがでしょうか?
お客様の手間を省いて最高のカッティングステッカーを一緒に作りましょう!

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ステカ
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?