【シート選び】カッティングステッカー メーカーの特徴

自作されている方からの検索が結構あるので、一度カッティングステッカー選びの参考になればと思い、取り扱いメーカーの紹介をしてみたいと思います。メーカーのサンプル帳を元に作成しました。

株式会社中川ケミカル

「カッティングシート」の商標を持っている日本のメーカーです。実はほとんど一般名称化してしまっている「カッティングシート」というのは商品名だったのです。(!)なので中川ケミカル以外は「マーキングフィルム」「カッティングステッカー」「装飾シート」「塩ビシート」「フィルム」などとそれっぽい名称を使っています。便器のTOTOさん以外が「ウォシュレット」と言えない感じと同じですね。

日本らしくかなりしっかりした作りなので、他メーカーと比べるとやや割高です。

シートの種類は以下のものなどがあります。

  • CUTTING SHEET いわゆるカッティングシート
  • NOCS 心地よい色のシート
  • IROMIZU 透明な透けてるシート
  • Tuffcal 昭和50年に販売開始の歴史あるシート
  • Foglas すりガラス調シート
  • MATERIO 金属シート
  • TENTAC 表面の荒いもの(テント生地とか)に貼れるシート

因みに海外ではカッティングステッカーのことは、Vinyl Filmなどと呼ばれていることが多いです。

 

 

トーヨーケム株式会社

日本のメーカーです。ダイナカルというシリーズ展開をしています。

  • ダイナカルDC 一般的なカラーシート
  • ダイナカルDS 電飾看板に対応した透過シート
  • ダイナカルDL 蛍光シート
  • ダイナカルHDT カッティング適正に優れたシート
  • ダイナカルDCP 目隠しシート
  • ダイナカルDT1003GY-2 シルク印刷が出来るシート
  • ダイナカルメタルシート メッキ調に仕上げることができるシート
  • ダイナカルブラックホワイトシート 透過時に『白』、不透明時に『黒』の表示になる電飾用シート

 

 

その他にもたくさんのメーカーがありますので、それはまた次回に。。。

 

 

 

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。

営業日カレンダー

●は休業日です。
休業日は受付・発送業務は致しておりませんので予めご了承ください。