一覧へ戻る

看板は「書き方」が重要!看板を書くときに注意すべき3つのポイントとは?

どんな業態のお店でも「看板」は、お客さんを集客する大切なツールです。そのため看板制作をする際には「記載内容」に注意をして作る方が多いでしょう。しかしどんなシーンで看板を使うかによっては、看板の記載内容が大きく異なります。そこで本日は「看板の書き方」と題して、看板をデザインする上でのポイントや、書き方の参考例などを紹介します。看板制作を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

集客率がアップする?看板でデザインのポイント

石畳のある海外の風景

看板は「記載情報」や「書き方」によって、集客率の差が現れます。集客率の高い看板を制作するためには、まず看板の用途を明確にして情報を取捨選択しなければなりません。そこで以下では、記載すべき情報を看板の種類別に紹介します。

店舗情報をお知らせする看板

店舗前に設置する告知看板には、下記の情報を記載するとよいでしょう。

  • 営業時間
  • 定休日
  • お店の特徴
  • SNSアカウント

通行人が知りたい情報は、営業時間や定休日といった営業情報やお店の雰囲気です。そのため、これらの情報を文字や写真・イラストを使って紹介するとよいでしょう。店舗情報の看板は、お店自体に興味を持ってもらう目的があります。そのためビジュアルも意識しつつ看板デザインを考えるとよいでしょう。さらにSNSなどで発信をしている場合は、アカウント情報の掲載もオススメします。

メニュー看板

メニュー看板は店舗情報の看板よりも、さらに詳しい情報を掲載します。そのため少ない文字数でたくさんの情報を届けられるような工夫が大切です。

  • オススメメニューの名前
  • オススメメニューの写真やイラスト
  • オススメポイントの説明

メニュー紹介を文章で行うと、実物と読み手が受けるイメージに差異が生じてしまいます。そのため写真やイラストを中心としたデザインにして、商品やメニューをわかりやすく表示しましょう。写真では不足している事項のみ文字を伝えると、スッキリとした見た目の看板が作成できます。

看板の書き方 参考例

看板の書き方はさまざま!以下を参考に、看板のイメージを膨らませましょう。

フォントサイズや色にこだわった、読みやすさ満点!

個性的な形で注目を集める!

イラストと文字のバランスが絶妙!

余白が感じられる落ち着いたデザイン!

看板を書く時に注意すべきポイント

DIYの材料

看板の書き方イメージは理解したものの、実際に自分で書くとなると難しいはず。そこで以下では、看板を書くときの注意点を3つご紹介します。ポイントを抑えて、自由にデザインしましょう。

  • 記載内容を厳選する
  • デザインを工夫して、見てほしいポイントまで誘導する
  • 効果的な位置に情報を配置する

まず一つ目は「記載内容を厳選する」ことです。すべてを説明しようと思うと、情報が多すぎて読み手は情報迷子になってしまいます。そのためとくにメニュー看板は文字が多くなりやすいので、必要最低限の情報に絞る意識をもって作成するとよいでしょう。

次に二つ目は「デザインの工夫」です。文字の大きさや色を調整するだけで、看板の見やすさが劇的に変わります。看板で何を伝えたいかを意識して、デザインを考えてみましょう。

そして三つ目は「効果的な位置に情報を配置する」ことです。たとえばメニュー看板であれば人の目線に入りやすい腰上に設置するとよいでしょう。一方で店名看板の場合は視認性が最も重要なので、店舗上部に設置することが多いです。目的に合わせて看板を設置すると、集客が効果的に行えます。

看板デザインは大変・・・そんなときは?

ペンキと刷毛とカッティングシート

看板のビジュアルは重要だからこそ、一からデザインとなると頭を抱える方も多いはずです。そんなときは「デザインのテンプレート」を探してみるとよいでしょう。
参考となる書き方などを画像検索して、デザインを真似するだけでハイセンスな看板が制作できます。また手書き作業が苦手な方には、カッティングシートを使ったデザインがオススメです。

カッティングシートとは、屋外看板によく使われている丈夫なステッカー素材です。店舗内外で使用可能なので、利用シーンを問わずに使えます。質感やカラーバリエーションが豊富なので、きっとイメージにあうシートが見つかることでしょう。

カッティングシートを作りたい!そんなときは?

「看板文字に使うステッカーが欲しい!」そんな方は、クワックワークスまでご相談ください。クワックワークスは、お客様が考えたオリジナルデザインのステッカーを制作している会社です。文字ステッカーはもちろんのこと、ロゴをあしらったステッカーの実績も豊富で、お客様のイメージにあわせてステッカーを作っています。
ご注文は1枚単位で承っているので「とりあえず看板用に1枚欲しい!」という方も大歓迎です。なお弊社の制作実績は下記の通りです。ぜひご覧ください。

制作実績 – “看板”の検索結果

まとめ

お店のシンボルとなる看板は、使用目的にあった書き方が重要になります。また情報量やデザイン調整は集客率アップにつながる大事なポイントです。看板を制作する際には、これらのポイントを意識してデザインするとよいでしょう。またクワックワークスでは、さまざまなデザインのカッティングステッカーを制作しております。ステッカーでお困りの際はぜひお気軽にご相談ください!

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

石畳のある海外の風景
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?