一覧へ戻る

アイロンを使って熱転写シートをつかってみよう!

アイロンなどの熱を使って好きなデザインを転写できる材料を「熱転写シート」といいます。非常に人気が高く専門業者も多いため、熱転写でプリントされたアイテムは誰でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。この材料は主に「布地」にプリントするときに使われ、Tシャツやトートバックなど身近なアイテムをオリジナル品に変えることができます。
専門業者が使う熱転写プレス機という機械を使ってプリントする方法もありますが、実はご家庭にあるアイロンでも同じように熱転写プリントが可能なのです!
このサイトでは「熱転写シート」に関する基礎知識から、実際にアイロンを使って作る方法まで幅広くご紹介いたします。

「熱転写シート」の種類と選び方をご紹介

アイロン

熱転写シートには大きく分けると2つの種類があります。

  • プリントタイプ
  • カッティングタイプ

プリントタイプは印刷機器を使い、好きなデザインを出力してそのシートに熱を加えて生地に貼ります。複数カラーを使用することが可能で、写真などをそのままプリントしたいときにオススメです。またカッティングタイプは、ラバーシートと呼ばれる熱転写用のカッティングシートを使います。こちらの素材は単色のカラーシートになっており、色や素材の種類が豊富で、デザインに合わせて組み合わせて貼ることができます。この熱転写用のカッティンシートは、カッターやカッターで切ることが可能なので、特殊な機械がなくても作ることができます。
ご自身のイメージに合わせて使い分けてみると良いでしょう。

【転写シートとは?】熱転写シートを使ってオリジナルTシャツを作ろう!

用意するもの

今回は熱転写用のカッティングシートを使用したTシャツの作り方をご紹介します。

  • 熱転写用カッティングシート
  • アイロン
  • 印刷する生地(今回の場合はTシャツ)
  • デザインカッター・カッターマット
  • デザインの型紙 ※反転させたもの

作り方

  1. 反転させたデザインの型紙通りカッティングシートをカットする
  2. アイロンを使って転写させる生地を平らにする
  3. ラバーシートを生地の上に乗せて、アイロンでプレスする
  4. 表面が冷めるまで時間をおく
  5. 表面のプレスシートを剥がし完成

【転写シートとは?】熱転写シートを使ってオリジナルTシャツを作ろう!

【DIY初心者必見】熱転写プレス機を使ってオリジナル品を作ってみよう!

作る時のポイントは、購入した材料の作業手順に書かれているプレス時間を守って作業することです。特に作業の途中でプレスを辞めてしまった場合、再度アイロンを当てるときにちょっとした表紙にシワになってしまったり、シートが破けてしまったりすることがあります。作業中、何度か様子を伺いながら作業手順に従って施工するようにしましょう。
またシートによっては生地の相性が異なりますので、どの生地に貼るか確認してから材料を購入すると良いでしょう。

しっかり貼れれば非常に強い仕上がりになります。実際に筆者もアイロンを使用して、カッティングシートをTシャツに細かいデザイン(小さい部分で1mm以下)を貼り付けましたが、2シーズン普段着として使っても全然問題なくデザインの欠けなどありません。

ガラスにも転写できる?「布以外」に転写したい場合の方法とは

アイロンを使った転写方法は、残念ながら「布製品」のみとなります。
もしガラスなど布以外に転写デザインを行いたい場合、そんな時は通常の「カッティングシート」を使うと良いでしょう。

カッティングシートとは表面は塩ビフィルムになっており裏面に接着剤がついているシート材料です。先ほどご紹介した熱転写とは異なり「圧着」のみで貼ることができるため、カッティングシート専用のヘラなどで接着面との空気を抜きながら施工していきます。

カッティングシートは本来塩ビフィルム側を表として施工しますが、外部にシートを貼る際などの糊焼け防止として、デザインを反転させ転写シートとして施工することがあります。表裏を分けることなく使えるシートであり、ガラス以外にも金属やアクリル、木などにも貼ることができ様々な素材にも貼ることができます。ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

カッティングシートの作り方・施工方法とは?

カッティングシートの作り方は、熱転写シートとは異なり熱を使わず、専用のヘラなどで空気を抜きながら貼っていきます。アイロンを使わなくて良いため、熱念写シートよりも安全に、お子様と作業を楽しむことができます。詳しくは以下のページを御覧ください。

カッティングシートを自作してみよう!

貼り方(ドライ)
カッティングシートの貼り方をドライ、ウェット(水貼り)共に解りやすい写真付きで紹介しています。ご注文頂いた方には更に詳しい貼り方の説明書もお付けしています。貼れる素材・貼れない素材の紹介もありますので...

【DIY初心者必見】カッティングシートのオススメ動画をご紹介!

まとめ

アイロンと熱転写シートでDIYをすることで近くにある布製品を手軽にリメイクできるようになります。お友達の誕生日にプレゼントすることや、ご自身の記念に合わせてオリジナル品を作ることができるようになるなど、活用の幅も広がること間違いなしです。
また布以外のものに転写したい場合も、カッティングシートなどのシートを使えば問題なくオリジナル品を作ることができます。ぜひ様々なシートを活用して、DIをお楽しみください。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

アイロン
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?