一覧へ戻る

【転写シートとは?】熱転写シートを使ってオリジナルTシャツを作ろう!

DIYとして使用されるシートには数多くの種類があり、その中でも「転写シート」は様々な意味を持っています。
本来「転写シート」とは、アプリケーションシートと呼ばれるカッティングシートを一度転写させるシートのことを指しますが、アイロンを使って熱転写をするシート「熱転写シート」も「転写シート」と呼ばれることが増えてきました。
どの素材に転写するかによって素材を使い分けることができる転写シート。
今回は、Tシャツなどの布生地にオリジナルデザインを印刷する「熱転写シート」を取り上げ、熱転写シートを使って作られたTシャツの参考例や実際に作る方法などをご紹介いたします。この記事を読むことで、転写シートの知識が得られ、ご自身のオリジナルデザインのヒントが得られることでしょう。

オリジナルTシャツ作りに必要な「熱転写シート」とは?

Tシャツ

Tシャツを作るために使用する熱転写シートには、印刷機を使用してシートをプリントする「プリントタイプ」と、シート自体を好きなデザインにカットして使う「カッティングタイプ」の2種類が有ります。
プリントタイプの場合、PCや印刷機を使用してご自身の好きなデザインをシートにプリントします。印刷機を使用するため、複数の色を同時に使った印刷が可能という点が最大の特徴で、写真やグラデーションカラーなどを多くの色を使いながらTシャツを作ることができます。
一方でカッティングタイプは「ラバーシート」と呼ばれ、シートをカッターやカッティングプロッターを使用し好きなデザインにカットして使います。カラーバリエーションは豊富であるもののシート自体は単色であるため、同時に2色以上の色を使用したい場合は文字やデザイン単位でシートを使い分ける必要が有ります。しかしプリントタイプよりも丈夫で何度洗濯しても剥がれない強さが最大の特徴と言えるでしょう。

カッティングプロッターとは?手軽に使えるDIYの楽しい相棒!

熱転写シートを使ったモノづくり参考例!

Tシャツ

Tシャツ

スリッパ

エプロン

View this post on Instagram

100均のエプロン&ミトンを、アイロンプリントシートで可愛くリメイク✨ #シルエットカメオ #silhouettecameo #handmade #ハンドメイド #カッティングマシン #手作り #アイロンプリント #アイロンプリントシート #熱転写シート #リメイク #アイロンシート #エプロン #エプロンワンピース #エプロン作り #ハンドメイド小物 #ハンドメイド好きな人と繋がりたい #ハンドメイド好きと繋がりたい #ハンドメイド好きさんと繋がりたい #キッチン #キッチンアイテム #ミトン #鍋つかみ #kitchendecor #リネンコーデ #silhouetteでアイロンプリント

A post shared by Silhouette Japan【公式】 (@silhouettejapan) on

布製品であれば熱転写シートを使用して、様々なリメイク品を作ることができます。
Tシャツの他にもトートバックやペット用の洋服などご自身がよく使うものに熱転写シートを使用することで、今まで以上に愛着が湧くのではないでしょうか。

アイロンを使って熱転写シートをつかってみよう!

【DIY初心者必見】熱転写プレス機を使ってオリジナル品を作ってみよう!

オリジナルTシャツの手に入れ方とは?

ハンガーにかけられた衣類

熱転写シートを使ったオリジナルTシャツ作りには2つの方法があります。

  • 専門業者に依頼をする
  • 材料を購入し、ご自身で作成をする

一番簡単な方法は「専門業者に依頼をすること」です。プリントタイプの熱転写シートを使ってTシャツを作る場合、アイロン・PC・印刷機が必要になりますし、カッティングタイプの場合でもアイロンは必須になります。作成するために、必要な機材が揃っていない場合や、作成する時間を割けない場合、また同じデザインを大量に作成する場合は専門業者に相談した方が良いと言えます。この場合、ご自身で作るよりもコストはかかりますが、機材を揃える初期投資を考えるとプロにお願いした方が安く済む可能性があります。
また、ご自身で材料を購入して作成する場合、印刷タイプもしくはカッティングタイプ、どちらを選ぶかによって使用する材料が異なります。ある程度デザインを固めてから材料を購入すると良いでしょう。「より手軽に作りたい」と考えている方はカッティングタイプのシートを使ってTシャツを作ることをお勧めします。カッティングシート同様、シートを切ってデザインを作るため、デザインの難易度を調整しやすく初心者の方でも無理なく作業ができるからです。

自分で作る場合はどうしたら良い?オリジナルTシャツの作り方を解説!

アイロン
オリジナルTシャツの作る手順は、そこまで難しくありません。用意する道具と、あるポイントさえきちんと押さえておけば、誰でも簡単に作ることができるのです。詳しくは以下のページをチェックし、作り方の手順を確認してみましょう。

アイロンを使って熱転写シートをつかってみよう!

また布製品以外に転写したい場合は、カッティングシートなど他のシートを使うことで、プラスチックや金属製品・木製品などをオリジナル品に変えることができます。様々なシートを使い、オリジナル品を作ってみてはいかがでしょうか。

熱転写シートを使ってTシャツを作るメリットとは?

Tシャツ

熱転写シートを使ってTシャツを作るメリットは数多く挙げられますが、大きな点は下記の通りです。

  • 手に入らないデザインのTシャツを着ることができる
  • 思い出の品として残すことができる(行事の団結Tシャツなど)

まず、Tシャツとは洋服の中でも多くの人に馴染みのある形でありながらも、シンプルなものが多い洋服です。そのTシャツに熱転写シートを貼ることで、シンプルなデザインから一気に個性あるものに変化し、ご自身としてもそのTシャツに愛着が湧くでしょう。
また、オリジナルTシャツは体育祭や企業のPRなど様々な行事で活躍する機会があり、団結力を高める効果を発揮します。またそのTシャツが手元に残ると、何年経ってもその時の記憶を思い出すことができるという点もメリットと言えます。

まとめ

熱転写シートを使うことで、Tシャツやその他布製品を簡単に作ることができます。
お友達の誕生日にプレゼントすることや、ご自身の記念に合わせてオリジナル品を作ることができるようになるなど、活用の幅も広がること間違いなしです。
ご自身の好きなデザインが身近に増えることで、より暮らしが豊かになると思います。ぜひ熱転写シートを活用して、素敵なTシャツを作ってみましょう!

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

Tシャツ
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?