一覧へ戻る

【DIY初心者必見】表札を自作するアイデアとオススメの方法!

たくさんの種類がある表札。表札を自作したいとき、SNSや表札を扱っているサイトからご自身の好きなテイストは何か知るために参考デザインを探しますよね。しかし表札とは実に様々な材料を使い、様々な方法で作ることができるアイテムなので、調べるとキリがないものなのです。「表札にどんなデザインがあるか知りたい!」という方に向けて、このサイトでは、自作した表札のデザイン紹介とともに、表札を作るときの豆知識などを詳しくご紹介いたします!

表札アイデアを紹介!

早速、自作アイディアをご紹介します。

アルファベットブロック

木彫り

View this post on Instagram

こんにちわ。 M図建築工房の井上です。 家を建てるにあたっての、最後の宿題は、 「表札」ですね。 既製品の表札もいいですが、 手作りも最高! 写真は、 父、作の表札です。 ヒノキ材に彫刻刀で、名字を彫り込みました。 あとは文字の部分を黒くペイントして防水塗装を施したら完成です。 ちなみに、二枚目は、うちの手作り表札です。 ジブリのイニシャルタイルを木枠で囲んで、 ゴールドペンキでペイントしました♪ 特別はたのしい! #M図建築工房#手作り表札#ヒノキ表札#家づくりの端材でDIY#表札DIY#DIY#タイル表札#ジブリタイル#表札アイデア#宮崎県の工務店#自由設計

A post shared by M図建築工房株式会社 (@mzu503) on

木表札をペイント&ステンシル

モザイクタイル

プレートにカッティングシート

これらの方法は、基本「切る・塗る・貼る」という工程で完結するものなので、初心者の方でも取り組みやすい方法かと思います。そして100円ショップなどでも購入できるため、お手頃な価格で材料を揃えることができます。表札は外に設置する場合が多いので、塗料やシートを選ぶ際には必ず「屋外用」を選ぶようにしましょう。

【DIY初心者必見】100均の材料で表札を作ろう!参考例も紹介!

また以下の素材を使いたい場合は専門業者にお願いをした方が良いです。

金属製品

View this post on Instagram

* #chicori さんの真鍮表札。  もう、、、🙈💛 想像以上にキュン💛でした。  手垢を付けたくなくて、綺麗に包まれてる 薄紙一枚取る勇気が出ず。 もう1ヶ月も前から届いてたのにw  昨日外構屋さんの撮影で やっと包装された表札を解禁。  この筆記体のyの感じがとても好き😍 筆記体のデザイン4つ提案していただき その中から選びました。 念の為名前の部分はぼかしましたが、 デザインが素敵で本当は全体見せたいくらい🙈  外構屋さんも今までの表札のなかで一番いいかもと✨ 嬉しい😋   そして、、 その日の夜旦那に表札付けたよー!と見てもらったら ちょうど子虫が止まってて。 ホコリだと思ったのか なんだこれ?とか言って手で潰して、 虫かーとか言って真鍮の上でスリスリ取った! 😱😱😱  笑えなーい😩  私はあれだけプレートを出すのに躊躇してたのに🙈笑 え?何してくれました?  酔ってたとはいえ。まさかの素手😂 幸いそんなに手垢ついてなかったけど、ちょっと心配。。 真鍮は手垢の後が付きやすいので皆様お気をつけください🙇‍♀ . 𓇬 𓇬 𓇬 追記。 真鍮の表札ですが、雨ざらしのため少し黒く変色してきました。 経年変化で最終的にどんな場所でも変色するかとは思いますが、屋根が付いている場所より少し早いかと。 真鍮で屋根がない場所だと、この写真のような綺麗なゴールドのままに保つのは難しいと思います。ご理解ください🙇‍♀️ 𓇬 𓇬 𓇬 . . . #表札#真鍮表札#門柱#モルタル門柱#外構#外構デザイン#chicoriの筆記体#玄関#玄関アプローチ#マリンランプ#芝生#芝生の庭 @chicori_nameplate

A post shared by 𝚢 𝚞 𝚖 𝚘 (@__yumo__home) on

ガラス・ステンドグラス

石・タイル


カッティングシートなどを貼る場合であれば上記の素材を使うことはできますが、ご自身で加工が難しいものは専門業者にお願いした方が良いでしょう。専門業者にお願いする場合、素材から文字の形を抜く「抜き文字」なども可能になるため、表現の幅は広がります。気になる方は専門業者にご相談してみてください。

表札はどうやって作る?作り方の豆知識

一番手軽に表札を作る方法は「カッティングシート」を使った方法です。
カッティングシートとは、接着剤のついた塩ビフィルムシートのことで専用台紙から剥がすとシール感覚で貼ることができます。
カッターで簡単に切ることができるため、文字や好きな柄などのカッティングシールをお手軽に作ることが可能です。
名前だけでなくご自身で考えたロゴなどを表札に貼ってみても個性が出て良いかもしれません。

用意するものは下記の通りです

  • 表札のベースとなる素材
  • カッティングシート
  • スキージー
  • マスキングテープ
  • 転写シート
  • カッター

【カッティングシート】ホームセンターで買うべき道具とは?わかりやすく解説!

漢字などの細かい作業の際は、手作業で行うにはかなりの技術と根気が必要となりますので、シートのカットを弊社クワックワークスに任せていただく方法もあります。

はじめての方
カッティングシート・カッティングステッカーってどんなもの?クワックワークスでは、はじめての方でも簡単に製作することができます。弊社でできること、出来ないことも纏めましたので、はじめてご訪問された方は、...

弊社クワックワークスでは、頼んだ材料で希望の文字にカットしてくれるサービス(文字入力での入稿)があるので、カッターが苦手な方はぜひ問い合わせていただけますと幸いです。

文字入力でのデザイン方法
デザインデータが無くてもカッティングシートをご注文頂けます。弊社が用意した書体一覧から、希望する書体を選ぶだけでOK。完成イメージを確認・納得頂いてからの製作ですので安心です。

表札素材への貼り方はポイントさえ押さえれば、誰でもできる作業です。以下のページに詳しく載っているので、チェックしてみてください。

貼り方(ドライ)
カッティングシートの貼り方をドライ、ウェット(水貼り)共に解りやすい写真付きで紹介しています。ご注文頂いた方には更に詳しい貼り方の説明書もお付けしています。貼れる素材・貼れない素材の紹介もありますので...

表札を作る上で注意すべきポイントとは?

メタリックシルバーのシートを使用する際の注意

表札を作るにあたって注意すべきポイントは下記の通りです。

  • 家の環境に合わせた材料を選ぶ
  • 全体の余白を考えて文字の大きさを決める

材料には向き不向きがあります。例えば海の近くに住んでいる方が「鉄製」の表札を作ったとします。このような立地の場合、表札は潮風に当たるため、数日すると錆びてしまいます。
またガラスやアクリルを使う場合、薄い厚さだと風で何かが飛んできて割れてしまう恐れがあるでしょう。このように住んでいる場所の特性を考慮して材料を選ぶことをオススメします。また、ご自身で材料をバラバラに頼む場合、組み合わせてみたら「余白」が足りなかったということもよく起こる失敗例です。名前のカッティングシートなどを頼む際には全体の大きさと文字のバランスを考えるようにしましょう。このポイントさえ押さえておけば、表札作りは問題ありません。

まとめ

表札を自分で作ると、家に帰ったときに温かい気分になります。
それはきっと表札を作るという行動を通し一つ思い出が増え、その思い出がご自身の中にずっと残るからでしょう。それがきっとDIYの良さでもあり、モノづくりの醍醐味なのです。表札の場合、難易度が選べるためDIY初心者からDIY上級者の方どなたでも楽しく作ることができるアイテムです。ぜひご自身の好みを見つけて、世界にひとつだけの表札を作ってみてください!

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

メタリックシルバーのシートを使用する際の注意
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?