一覧へ戻る

【カッティングシート】鏡風ウォールステッカーが作れる!ミラーシートとは?

ウォールステッカーとは、簡単に貼ったり剥がしたりすることのできる室内用のステッカーです。壁を傷つけず施工できるため賃貸部屋などでも使用でき、多くの人から人気を集めています。

ウォールステッカーと聞くと「デザインステッカー」という印象を持つ方が多いと思いますが、実はウォールステッカーの中にも実用的に使用できる鏡のような質感を楽しめる「メタリックシート」があります。このシートは持ち物を簡単にギラギラとしたメタリックな風合いに変えられるシートです。このページではこのメタリックシートについてご紹介し、ウォールステッカーとして使う方法やメリットなどをお教えします。

ウォールステッカーとは?

ウォールステッカー

ウォールステッカーとは、再剥離可能の内装用装飾シートのことを指します。カッティングシートの種類の中にウォールステッカーが含まれており、見た目は通常の屋外用カッティングシートと同じですが、屋外用カッティングシートと大きく異なる点は「粘着性」です。

屋外用カッティングシートは、丈夫な素材かつ強い粘着性を持つことから、屋外で中~長期使用できるタイプが多くある一方で、ウォールステッカーは屋外用カッティングシートと比べて粘着性が弱く作られています。この事により壁を傷つけることなく剥がすことが可能となり、短期的な室内展示や賃貸部屋のデコレーションなどに良く使用されるのです。

ウォールステッカーもカラーバリエーションが豊富な材料で、色だけでなく質感も多く存在します。その中でもミラータイプは装飾として使用できるだけでなく、鏡の代わりとして使用することもできるため様々な使い道があるシートと言えます。

かわいいウォールステッカーのおすすめ25選!活用アイデアもご紹介

ウォールステッカーで北欧風のお部屋に!お手軽アレンジ術を紹介

ミラー風ウォールステッカーの使い方

ミラー風ウォールステッカーの使用例をご紹介いたします。

1. 鏡の代わりとして使うミラーシール

2. オシャレな扉に変身させるメタリックシート

3. 家具にも使えて鏡の風合いを楽しむメタリックシート

様々な形に使用できるミラー風ウォールステッカーですが、大きく分けて2種類が存在します。まず上記使用例の1のように鏡の代わりとして使用する場合は「ミラーシール」という背面がシール状になっているタイプを選びましょう。ミラーシールは比較的厚みのある物が多く、鏡として代用できます。

そして2や3のように装飾として鏡の風合いを使いたい場合は、「メタリックシート」を使用しましょう。こちらはシート自体が薄いため、カッターなどで好みの形に切って加工できます。好きなデザインに沿って加工することで好みのウォールステッカーを作ってみましょう。

ミラー風ウォールステッカーの良い点を紹介

ミラーシート
ミラー風ウォールステッカーの良いところは下記の3点です。

  • 簡単に剥がせる
  • 鏡のように割れることがない
  • 鏡のように施工の手間がかからない

まず、ウォールステッカーは誰でも簡単に剥がせます。再剥離タイプを選ぶことで糊跡が残る心配をしなくて良くなり、気軽にウォールステッカーを楽しめるでしょう。また、あくまでシートなので鏡のように割れる心配をしなくて良いという点もメリットとして挙げられます。比較的高い位置に貼っても地震で落ちてくる心配などが一切ないため安心して使用できるのです。

そして、鏡のように施工の手間がかからないという点が最大の長所と言えるでしょう。鏡を施工する場合は鏡が落ちないよう壁の中に固定用の下地を入れ、ビスなどで固定する必要があります。しかしミラー風ウォールステッカーの場合、好きなサイズに切って貼るだけなのでDIY初心者の方でも簡単に取り組めます。手軽に楽しめるという点こそがシートの良さなのです。

自分好みにデザインを作りたい!ウォールステッカーを自作する場合

クワックワークスのロゴ

オススメの材料

自分好みにデザインしたミラー風ウォールステッカーが欲しい場合は、カッティングシートのミラータイプ、「メタリックシート」を使用しましょう。弊社にて取り扱いのあるシートは中川ケミカル製の「CS200Meメタリックシート銀」です。こちらのシートは他のシルバー色のシートとは異なり金属的な光り方をするため、鏡のような風合いを楽しめるでしょう。

施工方法は通常のカッティングシートと同じであるため、手順を押さえることで誰でも簡単に作れます。また、弊社クワックワークスでは材料の購入からステッカーの作成まで一貫して行えます。納品までの流れは以下のページに記載がありますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

貼り方(ドライ)
カッティングシートの貼り方をドライ、ウェット(水貼り)共に解りやすい写真付きで紹介しています。ご注文頂いた方には更に詳しい貼り方の説明書もお付けしています。貼れる素材・貼れない素材の紹介もありますので...
納品までのながれ
初めてご利用されるお客様は必ずご覧下さい。弊社でカッティングシート・カッティングステッカーを製作する際の、データ作成から納品までの一連のながれを順を追って説明しています。ご注文をお考えの際はこのページ...

施工するときの注意点

ウォールステッカーを自作する前にチェックすべきポイント2つをお教えいたします。

  • 対象の壁にウォールステッカーが貼れるかどうか確認する
  • シートの厚さが適正かどうか確認する

まず、対象の壁にステッカーが貼れるかどうかを確認しましょう。弊社の取り扱いシートは屋外用のため、通常のウォールステッカーで使用する素材よりも強い粘着力ですが、比較的相性の悪い素材だと貼った直後に剥がれてしまう可能性があるため、注意が必要です。

またシート自体が薄いため、クロスなど凹凸がある素材に貼る場合は凹凸を拾ってしまう可能性があります。弊社では無料カラーサンプルの送付を行っているため、事前に実物を確認できます。必ず上記2点が問題ないかチェックすることをお勧めいたします。尚、サンプルの取り寄せにつきましてはお問い合わせフォームよりお待ちしております。

お問い合わせ

貼れる場所と貼れない場所
カッティングシート・カッティングステッカーが貼れる場所、貼れない場所の紹介です。貼れるかどうか不安な場合は、このページを事前に確認してからご注文ください。

QUACK WORKSのCS200Meメタリックシート

ミラーシート
弊社で取り扱っているメタリックシートをご紹介いたします。

  • シート名:CS200Meメタリックシート
  • 耐候性:851ゴールド = 屋外1年、852シルバー = 屋外2年
  • 色数:全2色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

ミラー風ウォールステッカーを使用することで、鏡の代わりやデザインとして鏡面を楽しめます。そして他のカッティングシートよりも存在感を放つメタリックシートは空間の主役になること間違いなしです。メタリックシートを使って素敵なウォールステッカーを作ってみては如何でしょうか。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ウォールステッカー
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?