一覧へ戻る

【カッティングシート】ステッカー製作にかかるお値段を公開!

カッティングステッカーとはカッティングシートを好きなデザインに沿ってカットしてできるステッカーで、サイズやデザイン、使用する材料の質などによって、その値段は大きく変わってきます。
「ステッカーを製作したいけれど、どの位の費用がかかるの?」と疑問に感じている方向けに、当サイトではカッティングステッカーの材料費用や製作依頼費用などを詳しく解説いたします。この記事を最後まで読むことでステッカーの値段に関する情報はもちろんのこと、カッティングシートの細かい知識まで付くこと間違いなしです。

ステッカーの材料であるカッティングシートの値段とは?

ステッカーの材料であるカッティングシートの値段とは?
弊社が取り扱っているカッティングシートのお値段をお教えいたします。
サイズに合わせた金額表はそれぞれのURLよりご確認いただけます。

651標準シート:一番ベーシックでカラーバリエーションが豊富なタイプです。

  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

621短期用シート:再剥離可能の短期用タイプです。

  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

8500電飾用シート:長期的に使用できる電飾用タイプです。

  • シート名:8500電飾用シート
  • 耐候性:メタリック = 屋外5年、その他カラー = 屋外7年
  • 色数:全32色
  • 最小サイズの価格:¥510(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,295(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥22,810(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

CM200Meメタリックシート:金属のような光り方が特徴的なメタリックタイプです。

  • シート名:CS200Meメタリックシート
  • 耐候性:851ゴールド = 屋外1年、852シルバー = 屋外2年
  • 色数:全2色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

6510蛍光シート:ビビットな色合いが特徴的な蛍光タイプです。

  • シート名:6510蛍光シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外1年
  • 色数:全5色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

Laラメシート:細かなラメが反射し、キラキラと輝くタイプです。

  • シート名:Laラメシート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外5年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

5200反射シート:光が当たると反射するタイプです。

  • シート名:5200反射シート
  • 耐候性:3年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥510(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,295(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥22,810(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

質感や耐候年数によって、シートの値段が異なります。
ステッカーを作成する際にはシートに必ずロスが生じる為、その分を見越して計算すると良いでしょう。

ステッカーを作成する上で決めるべき事とは?

ステッカーを作成する上で決めるべき事とは?
ステッカーを作成するのに当たり、下記の項目が作成費用に関わってきます。
要点を抑えることはステッカー製作の値段把握に繋がるためご紹介させていただきます。
決めるべきこと

まず、カッティングシートは種類によって金額が異なります。弊社の取り扱いシートの中では再剥離が可能な621短期用シートが一番安価で、ラメシートやメタリックシートのような特殊シートはお値段がします。カッティングシートの価格については以下の記事にも記載がありますので是非チェックしてみてください。

シートの特徴と価格を一挙紹介!

また入稿されるデザインデータのクオリティによっても製作の値段が変わります。弊社の場合、Illustratorデータにて入稿いただくと、データ作成費はかからないので費用を抑えることができます。
他に、カッティングステッカーの色が単色の場合、材料費は使用するシート代のみで問題ありませんが、複数の色を使用する場合はそれぞれの色のシート代が発生します。1枚あたりのお値段が変わってきますので、見積もりを依頼して、早めに予算感を確認するようにしましょう。
最後にステッカーを枚数作成するかによってもお値段が異なってきます。弊社の場合、5枚以上からシート代が5%割引になります。枚数が増えていくとその分割引幅が増えていきますので、多く注文すると安く作ることができるのです。

カットするデザインで異なる?加工費の紹介

カットするデザインで異なる?加工費の紹介
弊社では、ステッカー制作にあたり「データ作成・修正費」と「トリミング費」がかかるケースがございます。先ほどご説明した通り、基本的にIllustratorにて入稿いただければ下記のような費用は発生しません。また調整の金額はデザインによって変わる場合があるため、気になる方は見積もり依頼フォームよりご連絡いただければ無料にてお見積もりをさせていただきます。
参考までに弊社の調整費は下記の通りです。

データ作成・修正費

  • 画像データでの入稿の場合、トレース料が必要です( ¥1,000~ )※デザインの細かさによって変動
  • 文字入力での入稿の場合、データ作成料が必要です( ¥1,000(2デザイン以降は¥100ずつ加算) )
  • Illustratorデータでの入稿の場合、データ調整費は必要ありませんが、データに不備があり修正をクワックワークスに依頼する場合は修正費が必要です(何点でも¥500均一)
    ※カット〜転写シートの費用は各シートの価格表の金額に含まれています。

トリミング

  • カス取り ¥0 ~
    ※簡単なロゴなどには費用はかかりませんが、作成に時間がかかるデザインには1枚あたり¥50~から費用がかかる場合があります。
価格・色見本
枚数割引き(全カッティングシート共通)は5枚から適用で、小口でも安心、もちろん大口は更に割引きます。料金計算方法も紹介しています。お支払いは銀行振込、クレジットカード、請求書払い(後払い)が可能です。

カッティングシートだけ欲しい場合はどうする?

カラフルなシート
弊社では、カットしていない状態のカッティングシートの販売も行なっております(完全に素材のままの状態)。
値段はシート代に加え送料で、¥12,000-以上お買い上げの場合、送料は無料となります。
各シートのサイズに合わせてシート金額が変動しますので、詳しくは各シートの紹介欄にあるURLより単価表をチェックしてみてください。
なおカットせずにシートのみの販売の場合、転写シートは付属しませんので別途お客様の方でご用意ください。

created by Rinker
印刷工房(Insatsukoubou)
¥2,200 (2020/09/29 23:27:48時点 Amazon調べ-詳細)

QUACK WORKSの標準シート

クワックワークスのロゴ
弊社にて取り扱いのある標準シートをご紹介いたします。

  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

カッティングステッカーの値段は、使用する材料の質感や耐候年数でも異なり、そして製作依頼の過程でも金額に関わる要素があります。ステッカーを作成される際は、大体の予算を決めて材料などを選ぶと良いでしょう。また弊社の場合、纏めてご発注いただくと適応される割引などもございますので、案が出来たら気軽にお見積もりのご相談をいただけますと幸いです。ご連絡をお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ステッカーの材料であるカッティングシートの値段とは?
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?