一覧へ戻る

人気!シルバー色カッティングシートの種類紹介!

シルバー色のカッティングシートは目を惹く色合いで、弊社の取り扱いシートの中でもご購入いただくことが多いシートの一つです。シルバー色のシートでステッカーを作成すると、落ち着いていながらも存在感のある1枚を作成することができます。そんなシルバー色のシートでも一番金属的な光り方をするのが「メタリックシート」です。
こちらのシートは鏡の様な風合いを再現することができるシートで、カッティングステッカーとして使用できるのはもちろんのこと、ミラーシートとして使うこともできるものです。本日はメタリックシートのシルバーについてシートの特徴や使用方法の実例など、また、その他のシルバー色のカッティングシートをご紹介いたします。
この記事を最後まで読むことで、カッティングシートの基礎知識が身につくこと間違いなしです。

カッティングシートにはどの様な種類がある?

カッティングシートはどのような種類がある?
「カッティングシートのシルバー」といっても様々な種類のシートがあり、弊社でも5種類のシートでシルバー色の取り扱いがあります。質感や色合いがシートによって異なるため、チェックしていきましょう。

単色カラーシートのシルバー

まず弊社で取り扱いのあるベーシックタイプ「651標準シート」「621短期用シート」「CS200シート」のラインナップにあるタイプは、「シルバーグレー」という銀色の扱いになります。色合いとしてはシルバーですが、シルバー独特の光り方は控えめなタイプで、メタリックシートやラメシートなどと比較しても貼ったものと馴染みやすい傾向にあります。
651標準シート・621短期用シート・8500電飾用シートの3種類は、それぞれ耐候性や粘着性が異なるためご自身の目的に応じて選ぶ様にしましょう。

ラメシート

シルバー色のベースシートにラメの粒子が入ったタイプで、ラメの輝きが足されることで単色カラーシートよりもシルバー感が増します。光の当たり方によって見え方を楽しむことができるため、より個性を求めている方にはオススメ出来るシートです。クワックワークスではLaラメシートがこのタイプです。

メタリックシート

こちらはシルバー色のシートの中でも一番金属的な光り方をするシートとなります。
シルバーは鏡面の様な見え方をするため、ステッカー利用だけでなく鏡の様な使い方もできるため、アイディア一つで見せ方が大きく変化します。尚、こちらのシートに関しては他のシートにはない施工上のポイントがあるため、この後解説いたします。クワックワークスではCS200Meがこのタイプです。

メタリックシートのシルバー 特徴紹介

メタリックのシルバー
メタリックシートのシルバーは、弊社の取り扱いシートの中でも伸びにくくハリのあるシートとなり、故に曲面の施工には不向きであり平滑面のみご利用いただけるシートとなります。メタリックシートは他のシートと比べて伸縮性に欠けるため、大判シートの施工は他のシートのよりも難易度が上がってしまいます。初心者の方は小さいステッカーなどから利用してみると良いでしょう。
鏡の様な見え方をするメタリックシートのシルバーは小さいステッカーにしても存在感があり人の目を惹くことができます。ポイントステッカーとして注目を集めたい時や単色カラーのカッティングシートと差別化を図りたい時などにオススメのシートです。

メタリックシートを使用するときの注意点

メタリックシルバーのシートを使用する際の注意
メタリックシートは他のシートと比べて伸縮性がないため、カッター操作に不慣れな方には切りづらいと感じるかもしれません。またメタリックシートはシートの中でも高価な方なので、あまり失敗を重ねられないでしょう。「失敗せずにカッティングステッカーを作りたい」と考える方は、加工をプロにお任せする様にしましょう。弊社ではシートの調達からデザインカットまで一貫して行っており、ステッカー1枚から発注可能です。また、難しいデザインを除き各シートの価格表に記載のある金額でデザインカットまでご対応させていただいておりますので、ご自身でカットする手間を省くことができます。
なお、納品までの流れはこちらに記載しておりますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

シルバー色シートの参考例を紹介

シルバー色カッティングシートの参考例をご紹介いたします。

メタリックシート

https://www.quackworks.jp/product/2019/09/16/120000

単色シート

https://www.quackworks.jp/product/2019/04/01/111204

ラメシート

https://www.quackworks.jp/product/2019/05/22/141331

各シートによって見え方が異なりますが写真では詳細が把握できないため、最終的にシートを決定する際はサンプル確認をオススメしております。[お問い合わせフォーム]より必要情報を入力いただきますと、弊社よりサンプルシートの発送をさせていただきます。ご要望の方はお気軽にご連絡くださいませ。

QUACK WORKSのシルバー色カッティングシート

クワックワークスのロゴ
弊社にて取り扱いのあるシルバー色のカッティングシートをご紹介いたします。

  • シート名:CS200Meメタリックシート
  • 耐候性:851ゴールド = 屋外1年、852シルバー = 屋外2年
  • 色数:全2色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:651標準シート
  • 耐候性:ブラック・ホワイト = 屋外5年、その他カラー = 屋外4年(※086のみ3年)
  • 色数:全61色
  • 最小サイズの価格:¥320(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥800(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥13,950(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:621短期用シート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外3年、再剥離性2年
  • 色数:全20色
  • 最小サイズの価格:¥270(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥680(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥11,915(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:8500電飾用シート
  • 耐候性:メタリック = 屋外5年、その他カラー = 屋外7年
  • 色数:全32色
  • 最小サイズの価格:¥510(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,295(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥22,810(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください
  • シート名:Laラメシート
  • 耐候性:全てのカラー = 屋外5年
  • 色数:全6色
  • 最小サイズの価格:¥595(50mm x 50mm)
  • 扱いやすいサイズの金額:¥1,515(300mm x 100mm)
  • 最大サイズの価格:¥26,610(600mm x 3000mm)
  • 詳しくはこちらをご確認ください

まとめ

シルバーのカッティングシートといっても選ぶシートによって見え方が異なるため、まずはご自身がどの様に見せたいかというイメージを持ってシートを選んでみましょう。またシートにはそれぞれの特性があるため、見た目だけでなく性能を考慮しながら選ぶことをオススメいたします。ご自身にあった1枚を見つけてシルバーのカッティングシートを素敵なモノに変身させましょう。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

カッティングシートはどのような種類がある?
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?