一覧へ戻る

【家の顔を自分らしく!】表札デザインの重要ポイントを紹介!

表札とは、その家の顔となるアイテム。
ただ名前を示す板として利用するよりも、個性が感じられるデザインを含んだものが人気を集めています。その表札は、さまざまなバランスを考えてデザインをしなければいけません。要素が少ない分バランスを間違えてしまうと、なんだかしっくりこない・・・なんてことになりかねません。そこで本日は「表札」について、デザインの考え方や素材の紹介、そしてアイデアの参考例をご紹介いたします!

表札のデザインの考え方

103のカッティングシート

表札のデザインの考え方は非常にシンプル。主に以下の3つで構成されています。

  • 素材(本体と文字)
  • フォント
  • サイズ

まず、素材とは文字や本体の材質のことです。さまざまな種類の中からご自身の好みや設置場所に適した材質を選ぶようにしましょう。マンションであれば建物内に表札を設置する場合がありますが、多くの場合は屋外に表札を設置することになるでしょう。鉄のように水がかかると錆びやすい素材や、木のように日によって色あせてしまう素材がありますので、材質を調べながら検討することをオススメいたします。
次にフォントです。フォントとは文字自体のデザインのことで、ブロック体や明朝体などさまざまなフォントが存在します。フォントは、太さと形で文字の印象が変わり、太いと元気な印象を与え、細いと華奢な印象を与えます。また形が丸いと可愛らしい印象を与え、角張っていると頼もしい印象を与えます。ご家庭のイメージに合うフォントを見つけましょう。
そして最後はサイズです。サイズもご自身の好みに合わせて決めて問題はありませんが、あまり小さすぎる文字は控えた方がよいでしょう。目安として3cm以上の横幅を有したデザインにすることをオススメいたします。

表札の素材

テクスチャ

表札に使われる素材はさまざまです。

素材はご自身の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。
中には木のように経年劣化で風合いが変わるものもあれば、ガラスやステンレスのように変化が起こりにくい素材もあります。表札は何十年と一緒に暮らしていくものなので、どんな素材がよいかゆっくり考えてみましょう。
また選ぶ素材によって金額は異なりますが、一番手頃なのは木の素材でしょう。

表札のデザインアイデア集

表札のデザインアイデアをご紹介いたします!

  • 木板にレーザー加工で味のある表札
    Instagram

  • ステンレス文字を浮き文字にしたクールな表札
    Instagram

  • 落ち着いたかわいらしい印象のタイルの表札
    Instagram

  • すっきりとした爽やかなアクリル表札
    Instagram
     
    どれも素材・フォント・サイズが異なり、まったく違う印象を与えていますね。
    オリジナルの表札を作る上で、ご参考になれば幸いです!

表札のデザインを考えるときのポイント

tictac

専門業者に依頼する方もいれば、ご自身で作られる方もいるはず。
そこで、実際に表札のデザインを考えるときのポイントをお教えいたします!

  • 全体の余白を意識する
  • 劣化を前提に素材を選ぶ

まずは、全体の余白を意識することです。
余白が少ないと、にぎやかでポップな印象、もしくは力強い印象を受けます。

Instagram

Instagram

また余白が多いと、華奢で繊細な印象を受けます。

Instagram

これは余白とフォントのバランスによって決まります。まずはどのような印象にしたいかを考え、余白とフォントを意識しましょう。

次に、劣化を前提に素材を選ぶことです。木はナチュラルで人気の素材ですが、劣化の早いところがデメリットです。劣化を「味」と捉えるのであれば非常におもしろい素材ですが、劣化を避けたい場合は石や金物など丈夫な素材を選ぶようにしましょう。しかしどの素材も劣化は付き物。劣化することを前提に素材を選んだ方がよいでしょう。

クワックワークスにおまかせ

弊社クワックワークスでは、カッティングシートの製造から納品までを承っており、専用のフォームからデザインさえお送りいただければ、すぐに貼り付けられる状態で納品させていただきます!オリジナルデザインのカッティングシートが1枚から制作できるのです!
弊社では、さまざまな表札用ステッカーや店舗ロゴステッカーを作成してまいりました。

2種類の字体がおしゃれな表札も、カッティングシートで作ることが可能です

カッティングシールでオリジナリティあふれる看板づくり

カッティングシートでオフィスの「顔」をおしゃれに演出

和モダンな電飾看板づくりもカッティングステッカーで

ガラスやアクリル、木やステンレスなどさまざまな素材に貼れるカッティングステッカー。施工も簡単で、初心者の方にもオススメのアイテムです!
はじめての方のページでは、できること、できないことが書かれていますので、ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

https://www.quackworks.jp/guide/

また制作実績のページには、今までご注文いただいたお客様が実際に施工された後の写真を沢山掲載させていただいておりますので、ご参考にしてください。

https://www.quackworks.jp/products/

まとめ

表札のデザインは、本体の素材やフォントのデザイン、そしてフォントの素材の組み合わせがさまざまで個性あふれるアイテム。そして長い付き合いになるパートナーのような存在です。まずは、どんなデザインにしたいか一度考えてみてはいかがでしょうか。弊社クワックワークスではカッティングステッカーの製作のお手伝いをしております。お困りの際はお気軽にご連絡くださいませ。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

103のカッティングシート
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?