一覧へ戻る

【看板にぴったり】カッティングシートを使った電飾看板の利点とは?

看板にはさまざまなデザインがあり、あらゆる制作方法があります。その中でも、クオリティが高く費用を抑えられるのが、カッティングシートです。
カッティングシートは、ステッカー制作において非常によく使用される素材。屋内外問わず使用でき、張り替え可能でメンテナンスがしやすいという特徴があります。そんなカッティングシートは看板制作においてどのように使用されているのでしょうか。
本日は「カッティングシートを使った看板」についてご紹介いたします。この記事を読むことで、カッティングシートの知識や看板の参考例の知識がつくこと間違いなしです!

看板の制作はどんな方法がある?

そもそも看板の制作方法はさまざまで、基本的には板や箱の形をした盤面に文字を施工して看板が完成します。盤面は木・ガラス・金属などあらゆる素材が使われ、その盤面に対して以下のような施工方法があります。

  • 手書き(黒板など)
  • ポスターの挿入
  • ペイント(塗料)
  • 彫り
  • 文字ステッカー

この中でも簡単に作れるのが、手書きやポスター・ペイントといった方法です。プロに頼まずとも自分で作成できるため手軽に作れて、親しみやすい印象を与えます。
もしくは、カッティングステッカーのように、ステッカー制作を業者に任せることで、簡単に看板を作れる方法もよいでしょう。
一方で、彫り・カッティングステッカーは、制作を業者に依頼することでクオリティの高いものができ、高級感が演出できます。これらの方法は、フォントによって与える印象が大きく異なるため、表現の幅が広いという点が特徴です。

看板に求めるクオリティは人それぞれ。しかし、「お金と時間をかけずに、プロが作ったようなクオリティの看板が欲しい・・・。」と考える人は少なくないはず。
そんな方にオススメしたいのが「カッティングシート」を使った看板。プロにお願いしても安価で抑えられるカッティングシートは、クオリティ&コストのどちらも安心できる材料なのです!

カッティングシートの看板とは?

ネオン

カッティングシートとは、塩ビフィルムに糊がついたカラーシートのこと。カッティングシートを好きな形に切って、文字やロゴなどさまざまなステッカーが作れます。
弊社クワックワークスで取り扱っている標準シートは屋外耐候性4年以上と非常に丈夫で、電飾用シートは屋外耐候性7年も有しております。
看板に使うカッティングシートは、文字の形にカットした「切り文字」ステッカーを使うことが多いです。他にも、使いたい文字を切り抜いた「抜き文字」や、別の方法で作成した看板をカッティングシートでデコレーションするなど、表現はさまざま。好きな使い方でオリジナルの看板を作るのにピッタリな素材といえるでしょう。

カッティングシートの看板の参考例

カッティングシートはアイデア次第でさまざまな形に変化します!
以下の例は、弊社クワックワークスがステッカー製作をお手伝いした電飾看板です。

和モダンな建築事務所の電飾看板

和モダンな電飾看板づくりもカッティングステッカーで

電飾看板と聞くときらびやかな印象がありますが、この看板は落ち着いていて優しい印象を受けます。フォントと素材の組み合わせは、看板のイメージに影響しますね。

遠くから見ても目立つ!インドカレーの電飾看板

カッティング用シートに霧吹きを使用した際は!

インドの国旗と同じ色使いの電飾看板。一目でどんなお店なのか伝えられると、通行人の目に止まりやすく、集客率がアップすること間違いなし!

夕暮れともにやわらかな光が印象的な行灯

カッティング用シートは日が暮れた時間帯でも大活躍です!

京都にあるちりめん山椒屋さんでは、京都の街並みに合うような歴史を感じる行灯にカッティングシートが使われています。夕暮れとともにやわらかな光が灯る看板には目を奪われますね。

ポップでおしゃれな手書き風看板!

カッティングシートで味のあるアートな看板づくりのお手伝い

こちらは東京の高円寺にある酒屋さん。手書き風のロゴが親しみ深く、興味をそそる看板です。昼間はマットな風合いですが、夜間点灯したときには発色がよく目立ちます。

カッティングシートの看板のメリット

クレヨンで書かれたハート

アイディア次第で形は自由自在!そんなカッティングシートを使った看板のメリットは、下記の3点です。

  • 他の方法よりも安く作れる
  • 劣化したときに張り替えが可能
  • 色のバリエーションが豊富

電飾看板には、文字の部分に異素材をはめ込む「象嵌」や文字を光らせる「チャンネルサイン」などあらゆる製作方法があります。中でもカッティングシートは材料費が安く施工の手間がかからないため、費用を安く抑えられます。また、劣化したときに張り替えが可能で、メンテナンスの心配も無用。そして色のバリエーションが多く、デザインの幅が広いというメリットがあるのです!
そして電飾用のカッティングシートは程よい透け感があり、光をうまく取り込みながら看板の文字を目立たせてくれます。ステッカーの製作を業者にお願いすれば、プロ顔負けの看板が自分で作れるでしょう。

カッティングシートを使った看板の作り方

カラフルなシート

カッティングステッカーを使った看板の作り方は、シートをカットして貼る作業があります。そして看板には、3つの作り方があります。

  • カット・施工を自分でやる
  • カットを業者に頼み、自分で貼る
  • すべて業者に任せる

まずはカッティングステッカーの制作と施工を自分で行う方法。この方法のメリットはコストを削減できるところ。通常であれば業者にお願いするようなカット作業を自分で行うことで、材料費だけで看板制作ができます。一方でデメリットは、手作業だとカットの精度に限界があるところです。初心者の方の場合まっすぐ切ることも難しいため、クオリティに影響が出てしまうでしょう。
2つ目は、カットを業者に任せて自分で貼る方法。この方法のメリットは、コストを抑えつつクオリティの高い看板を手に入れられるところです。看板作業で一番難しいカット作業を業者に任せることで、手間を省きながらクオリティの高いステッカーを入手できます。カッティングシートは簡単な工程で施工可能なので初心者の方でもオススメです。
そして3つ目は、すべて業者に任せる方法。カッティングステッカーの作成・施工と電飾を仕込む盤面の作成などをひとまとめにお願いすることで、ご自身の手間を完全に省き看板を作れる点がメリットです。一方で、コストと納期がかかるため手軽に作りたい方にとっては少々不向きと言えるでしょう。
「お金はかけたくないけど、クオリティの高いものを作りたい・・・」という方には、2つ目の「カットを業者に任せて自分で貼る」方法をオススメいたします。
わたしたちクワックワークスでは、シート代にカットを含めてご提供しております。シート種類とサイズ次第では、1枚270円(税別)から製作でき、1枚単位の発注も可能です。デザインデータがある場合、お見積もりも可能ですのでお気軽にご相談ください。

https://order.quackworks.jp/order/

クワックワークスのシート価格表

弊社クワックワークスでは全8種類のカッティングシートを取り揃えております。
電飾看板を作成する場合は「電飾用シート」がオススメです!うっすら透けたマット加工で、発色のよいシート。全32色のカラーバリエーションがあり、耐候性は屋外7年と非常に丈夫です。
なお料金に関しては、下記の通りです。

まとめ

カッティングシートは、質感やカラーバリエーションが豊富な素材。アイディア次第でさまざまなデザインの看板が作れます。まずはどんな看板がいいか、他のデザインを参考にしながらアイディアを膨らませてみましょう。クワックワークスではさまざまなカッティングステッカーをお作りしています。ご不明点やご相談があればいつでもお問い合わせください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

ネオン
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?