一覧へ戻る

スマホケースをオシャレにアレンジ!ステッカーを使ったリメイク例を紹介

シンプルなデザインが多い、スマホケース。毎日使うものだからこそ「自分の好きなデザインにしたい!」という方も多いのではないでしょうか。しかしオリジナルのスマホケースを作るとなると、製作コストがかかり大変なはずです。そこで今回は「ステッカー」を使ったスマホケースのリメイク方法を紹介します。スマホケースを個性的にデコレーションしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

スマホケースに「ステッカー」を貼って、個性的なデザインを!

スマートフォン
ステッカーには、さまざまな種類とデザインがあります。そのため、自分の好きな一枚を貼るだけで、一気に個性的になります。とくにステッカーは、安価で手に入りやすい素材。「今使っているスマホケースに飽きた…」という方にもオススメな方法なのです。ステッカーを使ったリメイク方法には、3つのメリットがあります。

  • 自分好みのデザインにアレンジしやすい
  • 気軽にデザインを変えられる
  • 他人の物と識別しやすい

まずひとつ目は「好みのデザインにアレンジしやすい」ことです。1枚だけ貼ってもよいですし、ステッカーが複数枚ある方は重ね貼りしてもよいでしょう。デザインの自由度が高い点は、ステッカーのメリットのひとつです。次に二つ目は「気軽にデザインを変えられる」ことです。シール剥がしを使用すると、簡単にシールを剥がせます。気分に合わせて調整可能なところも、メリットとして挙げられるでしょう。そして三つ目は「他人の物と識別しやすい」ことです。とくにスマホは、大きさやデザインにあまり差がないため、取り違えてしまうこともあるでしょう。しかしステッカーを1枚貼っておくだけで、他人の物と差別化できます。見た目だけではなく、機能的にもオススメです。

ステッカーでアレンジしたスマホケースの参考例

ステッカーを使ったスマホケースは、個性ゆたか!以下では参考となるデザイン例を紹介します。実際の例を見ながら、ご自身のイメージを膨らませてみてください!

友達と同じステッカーを使ってお揃いに!クールなスマホケース

ステッカー×〇〇!他のDIY素材も使った、オシャレなスマホケース

他にもさまざまなデザインがあるので、好みのデザインを探してみましょう。

スマホケースにオススメのステッカーの種類とは?

supremeのフルカラーステッカー

スマホケースのステッカーにオススメの種類は、下記の2つです。

  • プリントステッカー
  • カッティングステッカー

まずひとつ目は「プリントステッカー」です。これはシート台紙にデザインを印刷するステッカーで、カラフルな色使いが特徴として挙げられます。写真のような繊細な色使いがしたい方には、オススメの種類です。そして二つ目は「カッティングステッカー」です。これはカッティングシートを使ったステッカーで、丈夫な素材が特徴として挙げられます。シンプルなステッカーが欲しい方にオススメの種類です。

いづれにしても、スマホに使う場合は「防水・撥水タイプ」を選ぶようにしましょう。携帯は意外と生活水に触れています。シールのような水に弱いタイプは、すぐ剥がれてしまう危険性や、滲んでしまうトラブルが想像されます。そのためできる限り、水に強いタイプを探しましょう。

ステッカーはいくら?参考価格を紹介

ステッカーは種類と大きさによって値段が異なります。以下を参考に、予算感を考えてみましょう。

プリントステッカー

カッティングステッカー

どちらのステッカーも、おおよそ1000円以下で購入できます。複数枚を組み合わせて使ってもよいでしょう。

オリジナルのカッティングステッカーはクワックワークスまで!

クワックワークスでは、お客様の考えたオリジナルデザインのステッカーを制作しております。使用する素材は「カッティングシート」で、耐候性に優れた丈夫な素材です。クワックワークスでは、屋外看板をはじめとしてさまざまなステッカーを制作しております。ご注文は1枚単位で承っているので「試しに1枚作りたい…」という方も大歓迎です。なお弊社の制作実績はこちらよりご覧いただけます。ご参考までにチェックしてみてください。

まとめ

ステッカーをスマホケースに貼ると、誰でも手軽に気分転換ができます。今まで使用していたスマホケースが新しいものに感じて、より愛着も湧くでしょう。ステッカーにはさまざまな種類があるので、目的に合わせて質感やデザインを選んでみてください。またクワックワークスでは、オリジナルのカッティングステッカーを制作しております。「自分で考えたデザインのステッカーが欲しい!」という方は、お気軽にご相談くださいませ!皆さまからのご連絡を心よりお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

スマートフォン
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?