一覧へ戻る

飲食店にオススメ!注目を集める看板デザインの参考例を紹介

看板はお店の「顔」であり、店舗の雰囲気を伝える宣伝ツールです。その中でも飲食店は、お店によって雰囲気が大きく異なるため、看板のデザインは数多くあります。だからこそ新しい看板の制作を検討されている方にとっては、「どんなデザインにしたらよいかわからない」と頭を抱えてしまうのではないでしょうか。そこで本日は、「飲食店の看板デザイン」に着目し、オススメのデザイン参考例をご紹介します!飲食店の看板制作を検討中の方はぜひ最後までご覧ください!

飲食店にオススメの看板の形とは?

飲食店の看板には、大きく以下3つの役割があります。そして看板の形は「役割」に合わせた選定が重要になります。

店名「カッティングシートを使った箱型看板」

表示灯に貼られたカッティングシート
カッティングシートで味のあるアートな看板づくりのお手伝い

まず店名は、飲食店に限らずどの業態でも重要になる看板です。とくに飲食店の場合は「大きさ」で視認性を高める傾向があるので、建物に付随した箱型の看板などがよいでしょう。オーダーメイドの看板は自分の希望するサイズを選びやすいので、お店の雰囲気に合わせて好きなサイズを選択できます。さらにカッティングシートとの相性がよいので、看板文字をカッティングステッカーにするだけで、耐候性に強い看板が手に入れられますよ。

メニュー「イーゼル・スタンド看板」

木製看板に貼られたダチョウの卵料理のカッティングシート
ダチョウのダウチョ! イベント会場で出あえるカッティングシートです

メニューなどの情報量が多い看板を作成する際は、視線に入りやすいイーゼル看板やスタンド看板がオススメ。文字の大きい看板は遠くにいる通行人の目に止まりやすく、小さな文字のメニュー看板は、入り口付近に設置することで入り口へと誘導する効果があります。それぞれの特性が異なるため、どんな効果が欲しいかを考えて選ぶとよいでしょう。

アイキャッチ「袖看板・ポスター」


カッティング用シートは日が暮れた時間帯でも大活躍です!

店舗の視認性を高めるアイキャッチは、建物から突き出ている袖看板などが人気です。電源を確保できれば夜間に光らせることもできるので、夜も営業している飲食店にはぴったりの看板と言えるでしょう。しかし建物によっては袖看板が設置できない場合も多々あります。その際はポスターなどで簡易的なアイキャッチ制作をオススメします。

他にも看板にはさまざまな種類があるので、上記を参考にご自身のお店にあう看板を探してみましょう。

飲食店の看板デザイン参考例

看板のデザインは、お店の雰囲気を表す重要なアイテム。飲食店の雰囲気にあわせてオリジナル看板を制作してみましょう!以下ではデザインの参考例を紹介します。

通行人の目に止まりやすい!袖看板

木製看板に貼られたレストランのカッティングシート 夜
女子受け抜群のかわいい看板がカッティングステッカーで出来上がり

A看板で、遠くにいる通行人の目線をキャッチ!

オーガニックなカッティングシート
オーガニックな看板の写真を送って頂きました!

看板のセンスのよさは、お店の雰囲気にも影響します♪

キュートな猫と一緒にカッティングシートで作られた看板撮影
カッティングシートは0.5㎜角の文字にも対応可能です

箱文字×内照式看板で、温かい入り口が完成

お客さんがたくさん来る飲食店の小さな看板
綺麗な仕上がりのカッティング用シートで千客万来!

サイズやフォントデザイン、カラーチョイスなど、こだわるポイントが多い看板デザイン。その中でも一番重要なのは「どう見せたいか」ということです。落ち着いた雰囲気の飲食店であればスタイリッシュなフォントや、小さめのサイズが好まれており、賑やかな雰囲気の飲食店であれば、大きく力強いフォントや看板サイズが好まれています。
お店の雰囲気に合わせてデザインの方向性を考えてから、形を選ぶようにしましょう。

飲食店の看板デザインを決めるときの注意点

whetever it takes

先ほど述べた通り、看板デザインにとって「どう見せたいか」という想いは重要になります。以下では飲食店の看板デザインを決める際に注意すべき三点をお教えします。

  • お店の雰囲気が伝わるデザインで!
  • 写真・イラストをフル活用して、わかりやすくまとめる
  • 光を有効的に使う

まず一つ目は「お店の雰囲気が伝わるデザイン」であることです。入店した際の雰囲気が伝わるようなデザインであれば、看板をきっかけにお店自体へ興味をもつ方が増えていきます。そのためアイキャッチとなるようなアイコンやコンセプトなどを入れるとよいでしょう。
次に二つ目は「写真やイラストを使ってわかりやすくまとめる」ことです。メニュー看板はつい文字数が多くなりがちですが、文字は通行人の目に止まりにくいため工夫が必要になります。中には商品名から実物が想像しにくいものもあるため、写真などの視覚的にわかりやすい物を入れるようにしましょう。
そして三つ目は「光を有効的に使う」ことです。飲食店の場合、夜間に営業するお店も多く、暗い通りではお店の視認性が下がってしまいます。だからこそ光をうまく使い、お店の雰囲気を演出しましょう。スポット照明や間接照明などの照明と組み合わせて、よりよい色口を作ってみてはいかがでしょうか。

ついつい目をひく!飲食店看板のおもしろデザイン

やはり看板の注目度が高いとその分、集客率が向上します。そのため看板デザインにはついつい目を引くような工夫が大事なのです。以下を参考に、看板アイデアを膨らませてみましょう。

かわいいロゴとフォントに目がいく!キュートな看板

オシャレなランプがアイコンがわり!シンプルな文字サイン

個性的な形に引き寄せられる!黒板型のポップな看板

他にもふだん何気なく歩いていた道にもたくさんのヒントがあるでしょう。ついつい見てしまうデザインを研究して、デザインに取り入れてみてください。

カッティングステッカーはクワックワークスにおまかせ!

クワックワークスでは、カッティングシートを使ったステッカーの制作をしています。カッティングステッカーは耐久性に優れており、屋外の看板文字に使用されている素材です。またカラーバリエーションも豊富なので、お客様のイメージに合う色味に出会えるでしょう。
カッティングステッカーのご注文は1枚単位で承っておりますので、「試しに1枚制作してみたい」と考えている方もぜひお気軽にご相談ください。なお制作サイズやシートの種類によって金額が異なります。下記価格表をご参照の上シートをお選びください。

651標準シート 価格・色見本

まとめ

飲食店の看板は、用途にあった形と思わず注目してしまうおもしろいデザインが多くあります。まずは色々なデザインをチェックし、ご自身の店舗にあうデザインを探してみましょう。また多くの看板には、安価で耐候性に優れたカッティングシートが使用されています!カッティングシートを使ったステッカー制作を希望される方は、ぜひクワックワークスまでお気軽にご相談ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

表示灯に貼られたカッティングシート
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?